学会賞 / Preise der JGG

第19回日本独文学会・DAAD賞選考への応募について(期限延長)/Ausschreibung für die 19. JGG-DAAD-Preise (Fristverlängerung)

19回日本独文学会DAAD賞の選考対象業績を下記の要領により募集します。期限が近づきましたので、お知らせいたします。ふるってご応募ください。



1
 選考対象

日本独文学会員が執筆し,202011日から1231日までに刊行ないし印刷公表されたドイツ文学,ドイツ語学,ドイツ語教育,ドイツ語圏の文化・社会等に関する研究書および論文。自薦,他薦は問わない。なお,日本独文学会機関誌に掲載の論文は自動的に選考の対象となる。


2
 部門と選考

次の部門ごとに設けられた選考委員会が,選考にあたる。

日本語研究書部門

ドイツ語研究書部門

日本語論文部門

ドイツ語論文部門


3
 年齢制限

日本語研究書部門およびドイツ語研究書部門では特に年齢制限を設けないが,日本語論文部門およびドイツ語論文部門についてはドイツ語学文学振興会賞との重複を避けるため,論文の印刷公表年の1231日現在で36歳以上の執筆者の論文に限る。


4
 応募方法

当該の研究書または論文の原本1部を,論文の場合は執筆者の生年月日を明記の上(他薦の場合で生年月日が不明なら,その旨を記すこと),下記宛てに20213月31日 4月23日(金)(延長しました)までに送付する。封筒には「学会賞応募」と朱書すること。


日本独文学会

170−0005 東京都豊島区南大塚3−34−6−603

Tel :03-5950-1147


5
選考結果の発表

2021年度末頃に学会ホームページで公表する。


6
授賞件数

日本語研究書部門・ドイツ語研究書部門: それぞれ1件程度

日本語論文部門・ドイツ語論文部門: それぞれ2件程度


7
授賞式

授賞式において,受賞者に賞状と副賞を授与する。

授賞式は2022年春季研究発表会において行う。