ドイツ語教員養成・研修講座 / Lehreraus- und fortbildungskurs

1. ドイツ語教員養成・研修講座開講のお知らせ(2021年)/Bekanntmachung des neuen Deutschlehreraus- und fortbildungskurses (2021)[J]


2021年8月

日本独文学会ドイツ語教員養成・研修講座 実行委員会



日本独文学会は,ドイツ語教育部会,東京ドイツ文化センター(Goethe-Institut Tokyo)と共催で,標記講座を開いています。現在開講中の講座は,2021年9月で終了いたします。それに伴い,2021年10月から新しい講座を開講いたします。 
なお今回から,ほぼすべてのワークショップをZOOM によるオンライン開催とし,会場に集まるワークショップは年1回を目処といたします。全国から多くの会員の皆様の参加をお待ちしています。 

講座では,Goethe-Institutの教員養成・研修教材である Deutsch Lehren Lernen (DLL) のモジュール4 Aufgaben, Übungen, Interaktion を取り入れています。このモジュールを修了した場合,Goethe-Institut で Grünes Diplom を取得する際に,既習モジュールとしてカウントされます。 

本講座の目標は以下の3点です。講座では,受講者と十分な議論ができる場の形成を目指します。 

  1. ドイツ語教育を取り巻く状況についての理解を深め,その中に自身の授業を位置づけることができる。 
  2. 科学知と実践知の双方を基盤に,学習者を中心に据えた授業プランとシラバスを立案・実践することができる。また,実践のふりかえりをもとに,授業を改善していくことができる。
  3. 自身の授業実践を客観的に捉え,情報,メディア,協働関係などさまざまなリソースを,教師としての成長に活かすことができる。 

講座の構成 
1.  オンライン授業 
2.  ワークショップ
  • モジュール方式でテーマを設定し,オンライン授業では,受講者は課題についてMoodle上で議論するとともに,レポートを担当講師に送り,担当講師からコメントを受信します。
  • モジュール毎に1回開かれるワークショップ(土曜日午後2~6時)では,後半で課題について講師による導入・解説が行われます。それを基に,受講者はレポートを作成します。次のワークショップの前半で,レポートに関する討論が全体で行われます。
  • ワークショップは,ZOOMによるオンライン開催とします。ただし,年1回は会場に集まってワークショップを行う予定です。

講座の概要 
1.   参加資格:日本独文学会会員および教育部会準会員(非会員でご希望の方は委員会までご相談下さい) 
2.   期間:2年 ただし1年ごとの参加も可能です。初めての受講の場合には,1年目からの受講のみ可能です。2年目からの受講は,過去に前期講習を受講済みの場合に限ります。 
3.   開講:2021年10月 
4.   申込み受付:2021年8月9日 (月) ~ 9月30日 (木)  10月30日(土)
5.   申込み:以下の申し込みフォームから 
      http://bit.ly/2Ly8dMa 
      もしくは,次のQRコードから,申し込みフォームにアクセスする。 
      
6.   講座参加費(1期1年): ¥30,000(予定;但し,DLL以外の教材費は自己負担。大学院学生は¥3,000割引) 
7.   募集参加者数:25名程度 
8.   参加証:講座修了後,日本独文学会,ドイツ語教育部会,ゲーテ・インスティトゥートの連名で発行。 
9.   問い合わせ先:日本独文学会ドイツ語教員養成・研修講座実行委員会:dafkurs-open_AT_jgg.jp (_AT_ は@) 
10. 各モジュールのテーマ:下部参照 
11. 授業参観
  • 実習は受講者が個別に行います。講座が仲介した授業に出向き,担当教員の授業を参観します。
  • 参観した授業の分析・報告をレポートとして提出し,ワークショップで検討します。
12. 実習(実験授業)
  • 実習は受講者が個別に行います。ただし,勤務校を持たない受講者については,本講座実行委員会が実習校の斡旋をします。
  • 実習に際しては,実習校の教員,または本講座実行委員がBetreuerとして付きます。



受講のチャート(申込みから受講まで)

申し込みフォームからの参加申し込み
↓ 
申し込み受付け通知
↓ 
受講受付確認,受講要領(各モジュールの日程,購入教材,受講上の注意等)
受領
↓ 
第1回モジュールのワークショップに参加
↓ 
モジュール課題とレポート締切日をMoodle上で確認
↓ 
課題のレポートを期日までにMoodleに送付
↓ 
講師からメールによるコメントを受け取る
↓ 
必要に応じ,Moodleに質問,提案等を投稿
↓ 
回答締切後にMoodleに掲載される次回ワークショップの予定課題を確認
↓ 
ワークショップへの参加
↓ 
次のモジュールへ