日本独文学会岩崎奨学金の創設について

投稿日時 2017-12-17 00:45:59 | カテゴリ: (1)学会からのお知らせ

日本独文学会岩崎奨学金の創設




【奨学金の趣旨】
日本独文学会は、故岩崎英二郎先生のご遺族からいただいた寄付金で「日本独文学会岩崎奨学金」を創設し、常勤職を持たない会員の国際学会で研究発表を援助する。

【奨学金の概要】
1. 国際学会に参加し、研究発表する常勤職を持たない会員に対して、奨学金として日本国内での発表に対し5万円を、アジア地区での発表に対し10万円を、アジア以外の地区での発表に対し20万円を支給する。
2. 奨学金の支給は年間10名程度とする。また、同一会員への支給は年間1回のみとする。
3. 募集は年度毎に行い、日本独文学会ホームページその他の手段で会員に広く公示する。
4. 奨学金は2018年1月以降より支給を開始する。
5. 奨学金の返済の義務はない。ただし、支給後に、当該の国際学会での発表を取りやめた場合は、受け取った奨学金を返還するものとする。
6. 奨学金を受けようとする者は、決められた書式の申請書類を日本独文学会事務局に提出する。
7. 申請書は日本独文学会常任理事会で審査し、適当と認めた場合、奨学金を支給する。
8. 年度内に予定されている人数に対して奨学金を支給した時点で、その年度の募集は中止する。
9. 過去に行った発表に対して奨学金を申請することはできない。
10. 奨学金の基となる寄付金を使い切った時点でこの事業を終了する。また、事情により、予告なしにこの事業を終了することもある。

【募集人数】
各年度10人程度。

【応募資格】 以下の条件をすべて満たす者。
1. 日本独文学会員。
2. 常勤職を持たない者。(日本学術振興会特別研究員は常勤職と見なす)

【応募方法】
1. 下記の必要書類を日本独文学会事務局へ郵送する。a)に関しては同時にファイルを電子メールで hojo_AT_jgg.jp(_AT_は@) 宛に送付する。
a)奨学金申請書・誓約書
b)指導教員もしくは本人の研究内容をよく知る研究者による推薦状
c)研究発表が認められたことを証明する文書(メール等)ないし本人の名が入ったプログラムのコピー(申請時に間に合わない場合は、届き次第提出すること)
2. 申請は国際学会の発表予定日の1年前から2ヶ月前までに行うこと。この期間以外の申請は受け付けない。

【選考方法】
1. 提出された申請書を日本独文学会常任理事会で審査する。
2. 必要に応じて、推薦者および当該の国際学会の関係者に問い合わせを行う。
3. 申請から1ヶ月程度で申請者に採否を通知する。






Japanische Gesellschaft für Germanistikにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.jgg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.jgg.jp/modules/neues/index.php?page=article&storyid=1805