Japanische Gesellschaft für Germanistik
カテゴリ一覧
 
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが コラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トーマス・マン研究会の人々(S. Sakamoto)[J]

カテゴリ : 
文学コラム
  投稿日: 2014-10-14 10:14
坂本彩希絵(長崎外国語大学)
「九州トーマス・マン研究会」は2014年1月に第100回を迎えた。会の発足は平成元年。以来年に4回ほどのペースで26年続いている。会場は当番制で、現在では九州大学箱崎キャンパス、同伊都キャンパス、西南学院大学、福岡大学、2周に1回長崎外国語大学で催される。週末の昼下がりに学生のいない静まり返った大学の一室で、論文発表のほか、国内外の重要文献の紹介・批評や、若手会員による学位論文の中間発表などが行われる。また、近年では会員の近況報告も兼ねて、トーマス・マン以外の作家や思想家に関する発表が行なわれることもある。その場合も、リルケ、カフカ、ユンガー兄弟、ブレヒト、バッハマン、バッハオーフェン、カスナー、ボイムラー、ケレーニイ、フェヒナーなど、トーマス・マンに影響を与えた思想家や、同じ時代を生きた作家が扱われることが多い。若手会員が真正面からマン作品を研究する一方で、重鎮は、トーマス・マンが生き、そしてその作品が育まれた土壌を掘り下げることによって、研究会に奥行きを与える、というのが近年の傾向だと言える。つい先日行なわれた第102回研究会でも、第1発表が「『業績の倫理家』トーマス・ブッデンブロークの没落」、第2発表が「エッセイの射程――ルードルフ・カスナー『アベ・ガリアーニ』をめぐって――」であった。

...続きを読む

  • 閲覧 (3316)
中村朝子 (上智大学)
 2014年は 第一次世界大戦の勃発から100年になるが、この大戦下では多くの若いドイツ語詩人たちも命を落とした。ゲオルク・トラークル(Georg Trakl 1887-1914)もその一人であった。薬剤師試補としてガリチア地方の戦線に送られたトラークルは、1914年11月3日、クラクフ郊外の小さな町グロデークで激烈な戦闘を体験した数日後、クラクフの野戦病院で隠しもっていたコカインを過剰摂取して死んだ。27歳であった。その直後に遺骸はクラクフの共同墓地に埋葬されたが、11年後に、インスブルック郊外ミューラウの共同墓地に移された。

...続きを読む

  • 閲覧 (12414)
西本美彦(京都大学名誉教授)
「京都ドイツ語学研究会」という組織が生まれて、来年には創立30年になろうとしています。色々な困難を克服しながら、この研究会は現在なお不思議なほどの生命力を維持し元気いっぱいで存続しています。年3回開催される例会(研究発表会)も今年の5月には第83回を数え、会員数も100名前後を維持しています。

...続きを読む

  • 閲覧 (5109)
瀬川真由美 (麗澤大学)
 2013年の春、東京外国語大学で開催された日本独文学会春季研究発表会の1日目の夕刻、懇親会場で母校ということもあり、懐かしい面々に囲まれ気持ちよく「次回の春季研究発表会は麗澤大学で行います。タヌキもいます。ウサギもいます。皆様を私たちがお迎えいたします。どうぞお越しください。」と言ってしまいました。

...続きを読む

  • 閲覧 (4432)
北原寛子(小樽商科大学客員研究員)
 「最近ゲルマニスティネンの会の存在感がなくなっているけれど、どうなっているの。若い会員が入らないという嘆きも聞いたけれど、会の現状について報告してもらえないかな。」

...続きを読む

  • 閲覧 (4411)
犬飼彩乃 (首都大学東京非常勤講師)
2014年5月初旬、ゴールデンウィークを利用してアルノ・シュミット(Arno Schmidt, 1914-1979)の生誕100年記念イベントに出席した。当然ながらドイツにはゴールデンウィークなどないのだが、今年は5月1日のメーデーが木曜日だったこともあり、そこから土日までを自主的に四連休とした人が多かったようだ。生誕100年の各種催しは、すでに一月から盛り上がりを見せているが、この連休には演劇の初演が一つと展覧会のオープニングが二つ続けてあり、多くのシュミット研究者やファンがツェレとその近郊のバルクフェルトに集合した。

...続きを読む

  • 閲覧 (4372)
三宅舞(慶應義塾大学大学院博士課程)
第56回ドイツ文化ゼミナールは、2014年3月23日から29日の間、リゾートホテル蓼科にて開催された。私自身、ドイツ文化ゼミナール(通称「蓼科ゼミ」)への参加は2回目だったが、前回(2012年)はアートランドホテル蓼科が「リゾートホテル蓼科」としてリニューアルを迎える前の休業中の時期にあたった為、開催地は葉山。つまり、今回初めて「蓼科」ゼミへの参加がかなったことになる。ホテルはロビーも宿泊部屋も広間も広く、何より良かったことは、個々の部屋のみならず、ロビーのソファ、喫茶室のテーブルなど、テクストの予習をできる場所が提供されていることだった。普段から自室よりも喫茶店などでのほうが気分が変わって作業がはかどるタイプの私は、ほとんどの予習作業を喫茶室の静かでくつろげる空間で、コーヒーをすすりながら(500円と少しお高めであったが)進めることができた。また、恒例の夜の飲み会では、喫茶室に隣接しているバーカウンターのある部屋で毎晩さまざまな人と(深い時間まで)語り合うことができる。とにかく、ホテル内の設備を空間的、時間的にかなり自由に使わせてもらえることに驚いた。

...続きを読む

  • 閲覧 (3378)
新倉真矢子 (上智大学)
2014年4月25日、26日の2日間、韓国ドイツ語教育学会(Koreanische Gesellschaft für Deutsch als Fremdsprache、以下KGDaF)主催、韓国ゲーテ・インスティテュート共催による「第5回国際シンポジウム」が韓国ソウル市Sookmyung Women’s Universityで開催された。シンポジウムのテーマは、„Testen und Bewerten im Deutschunterricht – Theoretische Grundlagen und praktische Anwendungen”であった。招待講師にSprachlehrforschung, Testologieを専門とするProf. Dr. Rüdiger Grotjahn教授(Bochum大学)が招かれ、基調講演2件、ワークショップ1件、さらに韓国ゲーテ・インスティテュートの教員や韓国の大学教員による口頭発表11件が行われた。会場には2日間で延べ60人ほどが参加し、活発な質疑応答や意見交換が行われた。

...続きを読む

  • 閲覧 (3307)
高岡佑介 (南山大学)
 アンケート調査とは、つくづく厄介なものだ。昔からそう思っていた。

「調査へのご協力をお願いいたします」

...続きを読む

  • 閲覧 (4552)
金志成(早稲田大学博士後期課程)
1983年に始まったドイツ現代文学ゼミナール(通称「現文ゼミ」)は、昨年春に記念すべき第60回目を迎え、今回から改まった幹事体制とともに新たなスタートを切りつつある。この節目の威とともにこの場をお借りし、ゼミの周知もかねて、どこまでも一参加者の視点からではあるが、ここ最近の現文ゼミの雰囲気をお伝えできればと思う。

...続きを読む

  • 閲覧 (5418)
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009