カテゴリ一覧
 
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが コラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

会議派、それとも書斎派?(M.Watanabe)[J]

カテゴリ : 
国際学会関連報告
  投稿日: 2007-10-28 11:32
渡辺学(学習院大学)
 1985年10月、ドイツ民主共和国東ベルリンのフンボルト・グリム会議。フンボルト大学のドイツ語学文学部門の主催。フランス語学文学も運営に大いに協力していた。思えばこれが筆者の原点だった。旧西ドイツから欧州入りし、電車で東西の国境を越えたことから感じたさまざまな落差。フリードリヒ通り駅での検問の緊張が、すぐ前に立っていたドイツ人研究者(これがいまケルンのフォスカンプさんだった!)との会話でゆるんだこと。コートの襟を立てて歩いた、零度まで気温が下がった霧もやのアレクサンダー広場にあるカフェでの談笑。会議終了後にはグループでサンスーシ宮殿を見学。あとで「ワイマル友の会」の援助も得られたかもしれなかったとの話を耳にしたのだが、ZPSK(『音声学・言語学・コミュニケーション研究誌』)の広告記事で会議のことを知り当時自腹を切って出かけ、そもそもはじめての海外で最初から国際会議で発表するという大それた能天気な計画は、東西ドイツはもとよりチェコ、ポーランド等々からのセクション参加者の流暢なドイツ語にひるみ、「場違い」な思いに一変した。わたしの様子を見た参加者の質問はどこかしら手加減した、好意的なものに思われた。憐憫に富むものですらあったろう。ヴィルヘルム・フォン・フンボルトの受容やその思想の応用可能性等の共通テーマに取り組む参加者全員の真摯さはさすが微動だにしなかったが。

...続きを読む

  • 閲覧 (9769)

国際日本学への貢献(S.Itoda)[J]

カテゴリ : 
国際学会関連報告
  投稿日: 2006-4-10 0:02
井戸田総一郎(明治大学)
私が勤務している明治大学文学部とウィーン大学人文学部は2001年から毎年、場所を東京とウィーンで交互に変えながらシンポジウムを開催しています。総合テーマは「東京とウィーン-日常と余暇」で、今年3月初めに行われた分も含めてこれまで5回にわたって、文学・演劇学・歴史学・社会学等の専門領域から若手研究者も含めた学際的シンポジウムを組織してきました。組織の中心になっているのは、文学部ドイツ文学専攻とウィーン大学側は日本学専攻ですが、これまでにウィーンからはセップ・リンハルト氏を初めとする日本学のメンバー以外に、ゲルマニストのヴェンデリン・シュミット-デングラー氏、演劇学のブリギッテ・マルシャル氏、歴史学のフランツ・エーダー氏等が参加しています。明治大学の側でも、ドイツ・オーストリア文学関係以外に、前歌舞伎学会会長の原道生氏、歴史学の山田朗氏等が講演を行いました。

...続きを読む

  • 閲覧 (4510)
谷川道子(東京外国語大学)
日本独文学会は約2300名余の会員を有する学会です。そのいわば裏方としての運営に当たるのが理事会で、各理事は2年毎の選挙で拒否権もなく、ある日突然炎のごとく、あるいは赤紙が舞い込んだかのごとくに選ばれて、何年かもろもろの役目を引き受けます。中でも学会の活動を内外に伝える役目を引き受けるのが広報で、その中心がこのホームページだと言えるでしょう。

...続きを読む

  • 閲覧 (2564)
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009