<日本フランス語学会>日本フランス語学会2021年度シンポジウムのご案内/<Japanische Gesellschaft der französischen Linguistik>Einladung zum Symposium der Japanischen Gesellschaft der französischen Linguistik[J] (2021/04/30)

日本フランス語学会2021年度シンポジウムを以下の要領で開催いたします。
日程:2021年5月22日(土)10時~12時
様式:ウェブ会議システムZoomを使用したオンライン
参加費:無料
統一テーマ:公共空間における言語使用―日本語、フランス語、ドイツ語の公共サインを事例に

プログラム・パネリスト:
10時~10時30分:岩田一成(聖心女子大学)「日本の多言語サインを考える」
10時30分~11時:栗原唯(青山学院大学)「公共サインにおける読み手という主体?日仏比較?」
11時~11時30分:西嶋義憲(金沢大学)「公共サインを言語間比較に使う」
11時30分~12時:ディスカッション
進行:山本大地(福岡大学)

参加を希望される方は、ご不便をおかけしますが、下記リンクより、ご所属、ご氏名、メールアドレスを5月20日までにお知らせください。日本フランス語学会員以外の方の参加も大歓迎です。

https://forms.gle/mPPqiFqvk9PZf9137

発表要旨は以下のリンクにあります:
https://fukuoka-u.box.com/s/tlsihkqpy2gui5kqr9nh5jbitgcmupvi

お知らせは以上です。

日本フランス語学会シンポジウム企画委員一同

Last modified: Monday, 3 May 2021, 10:29 AM