Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが organisation を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  学会誌  >  日本独文学会機関誌投稿要領・執筆要領(2016年改訂版)

日本独文学会機関誌投稿要領(新)

(2016. 1. 30. の日本独文学会理事会で承認された新編集方針に基づき2016年度から適用)



機関誌「Neue Beiträge zur Germanistik ドイツ文学」のいずれの分冊にも,原則として,特集テーマ関係論文,投稿論文,研究ノート,研究文献概観,マルジナリア,フォーラム,書評,新刊紹介,書誌のジャンルで掲載される。(ジャンルの説明はVを参照)新刊紹介は国内刊行誌にのみ掲載される。論文以外の投稿については,テーマや各ジャンルの本数を調整する必要があるので執筆希望の旨を投稿以前に編集委員会に知らせること。

I. 投稿資格
原則として日本独文学会会員に限る。
II. 投稿
1)
締切日(到着日基準):国際誌3月15日,国内刊行誌9月15日とする。欧文によるものは国際誌・国内刊行誌,和文によるものは国内刊行誌のみへの掲載となる。
2)
締切日以降に到着した投稿原稿は,原則として次の締切日以降初めて開かれる編集委員会での審査対象となる。
3)
投稿に際しては,下記第IV項の全条件および第VI項に掲げる執筆枚数を遵守した原稿を送付すること。
4)
原則として,同一年度内に複数の論文及び研究ノート,(書評,マルジナリア等を除く)を投稿することはできない。
5)
本機関誌に掲載された原稿は,冊子刊行の1年後に電子ジャーナル化されるので,投稿原稿は,電子ジャーナル化の上,公開されることを了承したものと見なす。
6)
投稿に際しては,原稿本文とレジュメ(IVの2で必要とされているジャンルのみ)を無記名でひとつのファイルとする。また本文中でも,執筆者の特定につながる表現は避けること。別ファイルに以下の(a),(b),(c)の事項を記し,また希望審査部門(「文学・文化」「語学」「教授法」のいずれか)と投稿原稿ジャンル(「論文」「マルジナリア」など)を明記すること。送付するファイルは2点となる。なお,図版の挿入がある場合は,それぞれの図版を別ファイルで添付・送付する。図版等使用の際,版権所有者の同意が必要な場合があるが,それは執筆者自身が確認し,許諾を得ておくこと。
(a)投稿原稿タイトル(和文の場合はドイツ語タイトルも),氏名(アルファベット表記も併記),連絡先住所,郵便番号,電話番号,メールアドレス(お持ちの方は必須)。これらは 審査,採否の結果,書き直し依頼,校正ゲラ返送などの連絡に必要である。
(b) 送付原稿のキーワード3~5。そのキーワードにもとづいて審査委員数名を選定する。
(c)生年月日。35歳以下の執筆者の論文はドイツ語学文学振興会賞,36歳以上の執筆者の論文が日本独文学会賞の審査対象となる。
7)
欧文で投稿するときは,あらかじめしかるべきネイティヴ・スピーカーにチェックしてもらうこと。
III. 審査
1)
上記の送付締切日までに到着したものについて,順次査読を行い編集委員会が採否を決定する。
2)
採否の結果については編集委員会での決定後,速やかに投稿者に連絡する。
IV. 原稿について
1)
原稿は原則として未発表のものでなければならない。ただし,口頭発表のみが先行している場合は可とする(氏名等を記したファイルにその旨,明記すること)。既発表のものを根本的に改稿した場合には,どこが根本的に改変されたか,前に発表した論文名や書名とともに正確に記さなければならない。
2)
日本語による論文,研究ノート,研究文献概観にはドイツ語のレジュメを添える。マルジナリア,フォーラム,書評と新刊紹介にはレジュメは不要。
3)
原稿はMS-Word(国内刊行誌への投稿の場合は一太郎[Ver. 10以降]も可)を用いて作成し,電子ファイルを編集委員会に送付する。パソコンを使わない方は,業者などにパソコン入力を依頼すること。手書き,タイプライター,ワープロ専用機による原稿は受け付けられない。
4)
原稿執筆にあたっては,後掲の「執筆要領」の各項に留意すること。
V. その他
1)
「研究ノート」には,大胆な構想を打ち出したもの・現在計画中の論文の構想を記したものなどが掲載される。
2)
「マルジナリア」には,日本やドイツ語圏における最近の文学・文化および文学・語学研究,ドイツ語教育の動向に関するエッセイが,「フォーラム」には最近出版されたドイツ文学・語学・教授法関係の研究書・翻訳,および 「Neue Beiträge zur Germanistik ドイツ文学」に発表された論考に関する批判的な見解や提言などが掲載される。
3)
「研究文献概観」は,ある作家やあるテーマに関する過去の研究動向や,参照すべき文献に解説を添えて記したもの。
VI. 執筆枚数

和文:用紙A4, フォントMS明朝体,ポイント12 P, 余白は左右上下とも2 cm,30行。レジュメの書式は右掲「欧文」のそれに従う
欧文(auf Deutsch)
DIN A4, Seitenränder: 2 cm, Schrift: Times New Roman, 12 P, 30 Zeilen
論文
15枚程度,Resümee: ca. 2 S.
ca. 18 Seiten
研究ノート
12枚程度,Resümee: ca. 2 S.
ca. 15 Seiten
研究文献概観
15枚程度,Resümee: ca. 3,5 S.
ca. 20 Seiten
マルジナリア
2-5枚程度
2 bis 4 Seiten
フォーラム
2-5枚程度
2 bis 4 Seiten
書評
2-5枚程度
2 bis 4 Seiten
新刊紹介(国内刊行誌のみ)
1枚程度
nur auf Japanisch
書誌(国内刊行誌のみ)
50枚程度
nur auf Japanisch
図版(モノクロに限る)を入れた場合には,その分だけ枚数を減らすこと。図版も電子ファイルで送付すること。
VII. 著作権
著作権は著者と日本独文学会の共有とする。刊行から1年を経た後,日本独文学会理事会の承認を得て転載可能とする。
VIII. 投稿原稿送付先
投稿は郵送ないしは電子メール添付ファイルによる送付いずれか,あるいは双方による。

・郵送の場合
170-0005 東京都豊島区南大塚3-34-6,エースビル603
日本独文学会

なお封筒には希望審査部門(「文学・文化」「語学」「教授法」のいずれか)と原稿のジャンルとを必ず朱筆すること。

・電子メールによる送付の場合
URL: http://www.jgg.jp/mailform/beitrage/index.html




日本独文学会機関誌執筆要領(新)

(2016. 1. 30. の日本独文学会理事会で承認された新編集方針に基づき2016年度から適用)





機関誌は定期刊行物であるため,編集期間はかなり限定されています。また刊行には多額の費用がかかり,その大半は組版代で占められます。無用の出費を避け,編集作業を円滑に進行させて,誤植のない学会誌を刊行するためには,執筆者各位に多大なご協力を仰がなければなりません。
この点をご理解のうえ,かならず以下の執筆要領をお守りください。

機関誌としての統一の必要上,送り仮名・漢字仮名づかいその他,編集委員会で原稿に手を入れさせていただく場合がございます。ご了承ください。
なお原稿はかならず決定稿をご送付願います。初校は執筆者の方々にご覧いただきますが,校正段階では誤植訂正以外の加筆はできません。
出版社との原稿や校正のやりとりは,すべてパソコンを用いて行われています。パソコンをお使いでない方は,業者などにパソコン入力をご依頼ください。パソコンはWindowsでもMacintoshでもかまいませんが,郵便でデータを送る場合は,CDまたはUSBメモリに,氏名,原稿のタイトルおよびお使いになったパソコンのOS(WindowsかMacintoshか)とソフト名(ワープロソフトのWord,和文の場合には一太郎Ver. 10以上も可,欧文誌の場合は不可)を明記したラベルを貼付してください。電子メールによる送付の場合も,メールフォームの「メッセージ欄」に上記の点を明記してください。

I. 原稿本文について
1)日本文の場合
a.
原稿1枚目は,本文を書きだす前に5行の余白をとり,そこに論文表題を記す。ブラインド審査のため,執筆者氏名は省くこと。また本文中でも執筆者の特定につながる表現は避けること。
b.
段落の書きだしは,1字下げる。
c.
句読点(コンマ「,」,白ぬきマル「。」)その他の記号は,全角扱いとする。ただし行頭には句読点を置かず,前行末にはみ出して打つ。この場合,そこで改行するのでないかぎり,次行の冒頭は1字下げにしない。
d.
作品名・論文題名・雑誌名などの表題には原則として『 』を,引用文には「 」を用いる。引用文中に引用が含まれる場合などには,『 』の代用として《 》を,「 」の代用として〈 〉を用いる。
e.
ダッシュ(―)とハイフン(-)の区別,等号(=)と二重ハイフン(=)の区別をそれぞれ明確にする。また数種類のダッシュ(二倍,全角,二分)などを使いわける場合にはその都度,プリントアウトした原稿に赤字で指示する。
f.
用字・用語は,原則として新漢字・新仮名づかいを用いる。現在使われていない文字や表現は避けること。
g.
ドイツ文によるレジュメについては,次項 2)を全文,適用する。
2)欧文の場合
a.
原稿1枚目は,本文を書きだす前に5行の余白をとり,そこに論文表題を記す。ブラインド審査のため,執筆者氏名は省くこと。また本文中でも執筆者の特定につながる表現は避けること。
b.
原稿はあらかじめ,しかるべきネイティヴ・スピーカーに目を通してもらうこと。
c.
上下左右の余白を2 cmとる。
d.
新正書法,旧正書法のどちらでもかまわないが,どちらかに統一すること。
e.
引用符号 “ ” は,印刷に際しては „ “ となる。
f.
ダッシュ(―)とハイフン(-)の区別を明確にする。また数種類のダッシュ(二倍,全角,二分など)を使いわける場合には,そのつど赤字で指示する。
II. 注について
1)
注はWordの脚注機能を使うことが望ましいが,それが無理な場合には,注には通し番号を付し,本文の該当箇所にはアラビア数字をつける。注が文全体にかかる場合,句読点などの後に注番号を付する。

例: ...1  ...。2  ...,3  (KS 1, 25)。4
2)
注で出典・参照文献などを指示するときには,原則として以下の例にしたがう。
a. 全集・作品集などを指示する場合
例:
1)
作品からの引用は Heinrich von Kleist: Sämtliche Werke und Briefe. Hrsg. von Helmut Sembdner. 6. Aufl. München (Hanser) 1977, 2. Band に拠る。以下,同書からの引用は本文中に頁数のみを示す。
2)
Vgl. Richard Wagner: Dichtungen und Schriften. Jubiläumsausgabe in 10 Bänden. Hrsg. von Dieter Borchmeyer. Frankfurt a. M. (Insel) 1983[以下,JAと略記],Bd. 5, S. 176f.
3)
芦津丈夫他訳:ゲーテ全集第13巻(潮出版社)1980, 122-126頁所収。
b. 文献が単行本の場合
例:
4)
エーゴン・フリーデル(宮下啓三訳):近代文化史2(みすず書房)1987, 360頁。
5)
川越 修:ベルリン王都の近代(ミネルヴァ書房)1988, 165-176頁参照。
6)
Christa Wolf: Sommerstück. Berlin u. Weimar (Aufbau) 1989, S. 171.
7)
Vgl. André Jolles: Einfache Formen. 5. Aufl. Tübingen (Niemeyer) 1974, S. 217ff.
c. 論文集・雑誌・新聞などに収録されている文献を指示する場合
例:
8)
川中子義勝:ハーマンと旧約聖書――『ゴルゴタとシェブリミニ』[『ドイツ文学』 第87号,1991,12-22頁]14頁。
9)
松下 亮:ハイネとベルネ――伝記的にみた両者の交渉前史[九州大学独文学研究会『独仏文学研究』第24号,1974,69-86頁]参照。
10)
Frank Möbus: Des Plutus zwiefache Rede. Eine kritische Bibelanspielung in Mummenschanz des Faust II. In: Zeitschrift für deutsche Philologie, 107. Band (1988) Sonderheft, S. 71-84, hier S. 78f.
11)
Vgl. dazu Reinhart Meyer: Das Nationaltheater in Deutschland als höfisches Institut: Versuch einer Begriffs- und Funktionsbestimmung. In: Das Ende des Stegreifspiels – Die Geburt des Nationaltheaters. Hrsg. von Roger Bauer u. Jürgen Wertheimer. München (Fink) 1983, S. 124-152, besonders S. 149, Anm. 26.
12)
Ursula Bode: Maler und Dichter der Idylle. In Wolfenbüttel wird Gessners Werk ausgestellt. In: Süddeutsche Zeitung (5. 9. 1980), S. 37.
d. 語学論文の場合
例:
13)
Henne (1986: 137) この場合には論文末に文献リストを付け,次のように記すこと。Helmut Henne (1986): Jugend und ihre Sprache. Berlin/New York (de Gruyter).
e. その他,注の記載方法は,一般に認められている方法に準拠すること。


プリンタ用画面
友達に伝える
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009