Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが organisation を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  研究叢書  >  研究叢書タイトル一覧 (Nr.51〜Nr.120)
Nr. 051 ドイツ近代文学における<否定性>の契機とその働き
[Das Moment der >Negativität< und seine Funktionen in der deutschen modernen Literatur]
編集者: 浅井 健二郎
執筆者: 浅井健二郎、田野武夫、田口武史、小黒康正、安徳万貴子
発行日: 2007. 10. 07

Nr. 052 歴史的に見た現代ドイツ語
[Das heutige Deutsch – historisch gesehen –]
編集者: 荻野蔵平
執筆者: 荻野蔵平、嶋﨑 啓、重藤 実、Manshu Ide
発行日: 2007. 10. 07

Nr. 053 日本文化におけるドイツ文化受容―明治末から大正期を中心に―
[Die Rezeption der deutschen Kultur in Japan ―Vom Ende der Meiji- bis zur Taisho-Zeit―]
編集者: 関口 裕昭
執筆者: 関口 裕昭、依岡 隆児、関根 裕子、坂本 貴志、佐谷眞木人
発行日: 2008. 6. 14

Nr. 054 ブレヒト演劇における言語,身体,振舞
[Sprache, Körper und Verhalten in Brechts Theater]
編集者: 中島 裕昭 
執筆者: 高橋 宗五、摂津 隆信、川島  隆、中島 裕昭、四ツ谷亮子
発行日: 2008. 6. 14

Nr. 055 少女のイメージ―18世紀の場合―
[Mädchenbild im 18. Jahrhundert]
編集者: 北原 博・吉田耕太郎
執筆者: 吉田耕太郎、飛鳥井雅友、濱中 春、北原 博、北原寛子、渡邊洋子
発行日: 2008. 10. 12

Nr. 056 「保守革命」をめぐって―ナチとの断絶・ナチへの回収―
[Konservative Revolution und Literatur. Vier Beispiele]
編集者: 青地伯水
執筆者: 青地伯水、横道 誠、友田和秀、恒木健太郎
発行日: 2008. 10. 12

Nr. 057 Musik und Bühne bei Bertolt Brecht
[ベルトルト・ブレヒトにおける音楽と舞台]
編集者: Akira ICHIKAWA
執筆者: Jan Knopf, Akira Ichikawa, Joachim Lucchesi, Misako Ohta
発行日: 2008. 10. 12

Nr. 058 ハイデガーにおける「詩作と思索」―「被投性」の視点から―
[„Dichten und Denken“ Heideggers―Aus der Sicht der „Geworfenheit“―]
編集者: 斧谷彌守一・中橋 誠 
執筆者: 中橋 誠、我田広之、中村靖子、光末紀子、三木 正之、斧谷彌守一
発行日: 2008. 10. 12

Nr. 059 『群衆と権力』の射程――エリアス・カネッティ再読
[Tragweite von „Masse und Macht“. Canetti wieder lesen]
編集者: 宍戸節太郎
執筆者: 宍戸節太郎、須藤温子、黒田晴之、古矢晋一、北島玲子、大川 勇
発行日: 2009. 5. 30

Nr. 060 災厄の想起と言語化  イルゼ・アイヒンガーと戦後文学のカノン
[Ilse Aichinger und die kanonisierte ,Nachkriegsliteratur‘. Verhängnisse, Erinnerung, Sprache]
編集者: 山本浩司
執筆者: 初見 基、眞道 杉、山本浩司、クリスティーネ・イヴァノヴィッチ(眞道 杉訳)、浜崎桂子
発行日: 2009. 5. 30

Nr. 061 大規模コーパスを用いたドイツ語研究――ドイツ語教育への応用を目指して――
[Korpusbasierte Forschung der deutschen Sprache-Für ihre Anwendung im DaF-Unterricht]
編集者: 在間 進、時田伊津子
執筆者: 在間 進、時田伊津子、山田善久、今道晴彦、阿部一哉、カン・ミンギョン
発行日: 2009. 5. 30

Nr.062 映画におけるイメージとテクストの関係について―ドイツとフランスのニューシネマを例に―
[Bild und Text im Film. Am Beispiel der deutschen und französischen New Cinemas]
編集者:渋谷哲也
執筆者:渋谷哲也、眞鍋正紀、粂田 文、堀 潤之
発行日:2009.10.17

Nr.063 Mord auf Deutsch. Aspekte des aktuellen deutschen Kriminalromans
編集者:Stefan Buchenberger und Oliver Mayer
執筆者:三ッ石祐子、Robert F. Wittkamp、Oliver Mayer、Stefan Buchenberger、松岡 幸司
発行日:2009.10.17

Nr.064 エンデ文学におけるファンタジー
[Phantasie in der Dichtung von Michael Ende]
編集者:梅内幸信
執筆者:梅内幸信、子安美知子、堀内美江、小高康正、樋口純明
発行日:2009.10.17

Nr.065 話しことば研究をめぐる4つの問い
[Vier Ansätze zur Erforschung der gesprochenen Sprache]
編集者:高田博行
執筆者:渡辺 学、岡本順治、林 明子、高田 博行
発行日:2009. 10.17

Nr.066 プラハとダブリン― 20世紀ヨーロッパ文学における二つのトポス―
[Prag und Dublin. Zwei Topoi in der europäischen Literatur des 20. Jahrhunderts]
編集者:城 眞一
執筆者:城 眞一、吉川 信、平野嘉彦、戸田 勉、三谷研爾、結城英雄
発行日:2009. 10.17

Nr.067 コーパスをめぐって 心理・知覚表現の分析
[Diskurs um Korpus: verschiedene Forschungsansätze zu den Psycho- und Wahrnehmungsausdrücken]
編集者:田中 愼
執筆者:清野智昭、保阪靖人、田中 愼、大薗正彦、吉田光演、小川暁夫
発行日:2009. 10.17

Nr.068 話しことば研究の射程
[Tragweite der Erforschung gesprochener Sprache ]
編集者:山下 仁・白井 宏美
執筆者:Shinji NAKAGAWA、平高 史也、星井 牧子、白井 宏美、山下 仁
発行日:2010.5.29

Nr.069 AUTO-/BIOGRAPHIE Erzähltes Selbst, erinnerte Bilder
編集者:Eriko HIROSAWA und Michael MANDELARTZ
執筆者:Michael Mandelartz, Eriko Hirosawa, Satoshi Nagakawa, Takao Tsunekawa ,Tomoko Somiya
発行日:2010.5.29

Nr.070 カフカ‐シンポジウム ― カフカ、ブロート、ホーフマンスタール、ショーレム、ツェラーン―
[Kafka-Symposium Kafka, Brod, Hofmannsthal, Scholem und Celan]
編集者:吉野英俊
執筆者:吉野英俊、長田 浩、金子祥之、石原竹彦、冨岡悦子
発行日:2010.5.29

Nr. 071 「悪」の文学史─グリム、ホフマン、トラークル、イェリネクを道標として─
[Das Böse in der Literatur – gestern und heute]
編集者:中村靖子、Hans-Michael Schlarb
執筆者:鶴田涼子、Hans-Michael Schlarb、中村靖子、福岡麻子
発行日:2010.10.9

Nr. 072 カフカと劇場
[Kafka und Theater]
編集者:須藤勲、佐々木茂人
執筆者:西成彦、佐々木茂人、川島隆、藤田教子、下薗りさ、須藤勲
発行日:2010.10.9

Nr. 073 「文意味構造」の新展開―ドイツ語学への、そしてその先への今日的展望―
[Neue Entwicklungen der „Semantischen Satzstruktur“. Aktuelle Perspektive auf die Linguistik des Deutschen und weiterer Sprachen]
編集者:成田節、藤縄康弘
執筆者:藤縄康弘、高橋亮介、今泉志奈子、春木仁孝
発行日:2010.10.9

Nr.074 生誕200年 ローベルト・シューマン-言葉と音楽-
[Robert Schumann. Der 200. Geburtstag-Wort und Musik-]
編集者:関口 裕昭
執筆者:関口 裕昭、岩川 直子、山下 剛、佐藤 英、掛谷 勇三
発行日:2011.6.4

Nr.075 心態詞の音声と意味-新しい研究方法の開発に向けて-
[Aussprache und Bedeutung der Modalpartikeln: Zur Entwicklung neuer Untersuchungsmethoden]
編集者:岡本 順治、Angelika Werner
執筆者:Junji Okamoto, Angelika Werner, Miki Ikoma/Angelika Werner, 牛山 さおり, 筒井 友弥
発行日:2011.6.4

Nr.076 空間を書く
[Topographie]
編集者:本田博之
執筆者:大田浩司、武田利勝、本田博之、安川晴基
発行日:2011.10.15

Nr.077 Geistliche Dichtung zur Zeit der mittelhochdeutschen Klassik um 1200
編集者:Akihiro Hamano
執筆者:Yuji Nagamachi, Karin Sugano, Akihiro Hamano, Ernst Hellgardt
発行日:2011.10.15

Nr.078 戦後ドイツの「想起の文化」
[ „Erinnerungskultur“ in Deutschland nach dem Zweiten Weltkrieg]
編集者:三宅晶子
執筆者:三宅晶子、内村博信、安川晴基
発行日:2011.10.15
(重大な不備があったため、2012年春季発表会場で配布)

Nr.079 教室という現場から考える日本のドイツ語教育
[Deutschunterricht in Japan: aus verschiedenen Klassenzimmern]
編集者:松岡幸司
執筆者:島﨑のぞみ、伊藤直子・能登慶和・前田直子、岩﨑大輔、松岡幸司・森下孟、清野智昭
執筆者:2011. 10.15

Nr.080 ドイツ語圏文化の現在― ベルリンの壁崩壊・東欧革命後20年の変化を読む―
[Gegenwärtige kulturelle Aspekte im deutschsprachigen Raum-Über die Veränderungen der 20 Jahre nach dem Berliner Mauerfall und der demokratischen Revolution in Osteuropa-]
編集者:奈倉洋子
執筆者:奈倉洋子、藤田恭子、重野純子、小林徳子、竹田和子、三上雅子
発行日:2011. 10.15

Nr.081 ゲルマン祖語から現代ドイツ語へ-歴史的発展における駆流とその反動-
[Vom Urgermanischen zum Neuhochdeutschen-Entwicklungstendenz und Gegenwirkung-]
編集者:齋藤治之
執筆者:齋藤治之、嶋﨑啓、金子哲太、平井敏雄、工藤康弘
発行日:2011. 10.15

Nr.082 ハプスブルク神話とその規範をめぐって
[Zum habsburgischen Mythos und seinem Kanon]
編集者:田中まり・早川文人
監修者:松村國彦
執筆者:磯崎康太郎、佐藤文彦、高橋(浅井)麻帆、早川文人、元吉瑞枝
発行日:2012.10.14

Nr.083 「入門文法」――よく説明・理解できていないこと   テキスト理解を助ける中・上級文法の試み
[Kardinalgrammatik―gravierende Ratlosigkeit: Versuch einer Abhilfe
zum besseren Textverständnis als Mittel-und Oberstufengrammatik]
編集者:井出万秀・磯部美穂
執筆者:井出万秀、宮下博幸、山本恵、マヌエル・クラウス、三瓶裕文、磯部美穂
発行日:2012.10.14

Nr.084 ロマン派の時代の危機意識とユートピア
[Das Krisenbewußtsein zur Zeit der Romantik und Utopievorstellungen]
編集者:桑原聡
執筆者:坂本貴志、佐藤朋之、松原良輔、岡本和子、桑原聡
発行日:2012.10.14

Nr.085 翻訳という問題から見えてくる言語, 文化, 人間
[Sprache, Kultur und Menschen―Probleme bei der Übersetzung]
編集者:竹内義晴
執筆者:竹内義晴、成田節、大薗正彦、宮下博幸、宮内伸子
発行日:2012. 10.14

Nr.086 エーリヒ・ケストナーとその時代
[Erich Kästner und seine Zeit]
編集者:勝山(寺井)紘子
執筆者:勝山紘子、青地伯水、児玉麻美、永畑沙織
発行日:2012. 10.14

Nr.087 動物とドイツ文学
[Tiere in der deutschen Literatur]
編集者:松村朋彦
執筆者:松村朋彦、土屋京子、川島隆、千田まや
発行日:2012. 10.14

Nr.088 ドイツ語基本語彙――辞書学的、外国語教授法的な観点から
[GRUNDWORTSCHATZ DEUTSCH: Lexikografische und fremdsprachendidaktische Perspektiven]
編集者:岡村三郎・Willi Lange・Joachim Scharloth
執筆者:在間進、Noah Bubenhofer 、岡村三郎・Willi Lange・Joachim Scharloth、岩崎克己、Angelika Werner・甲藤史郎
発行日:2012. 10.14

Nr.089 「模倣」概念再考――ミメーシス的なものの創造的契機について――
[Wider die Gleichsetzung von mimesis und imitatio―Zum kreativen Moment des Mimetischen― ]
編集者:胡屋 武志
執筆者:胡屋 武志、河野 英二、嶋田 由紀、柳橋 大輔
発行日:2013.5.25

Nr.090 ドイツ語音声教育の現状と可能性
[Phonetik im Deutschunterricht: Status quo und Möglichkeiten]
編集者:新倉 真矢子
執筆者:正木 晶子、粕谷 麻里乃、生駒 美喜、林 良子、Markus Rude、新倉 真矢子
発行日:2013.5.25

Nr.091 ポストドラマ演劇における現代戯曲の可能性
[Moderne Dramen im Zeitalter des postdramatischen Theaters]
編集者:高橋 慎也
執筆者:新野 守広、大塚 直、三輪 玲子、高橋 慎也
発行日:2013.5.25

Nr.092 文形成とモダリティの相互関係
[Satzstruktur und Modalität]
編集者:森 芳樹
執筆者:森 芳樹、岡野 伸哉・森 芳樹、Ingrid Kaufmann、吉田 光演、城本 春佳、高 裕輔
発行日:2013.5.25

Nr.093 ゼロ年代の小説  記憶の歴史化ポスト・メモリ今をつかめカルペ・ディエム
[Postmemory und carpe diem. Deutschsprachige Romane in den Nullerjahren]
編集者:山本 浩司
執筆者:田丸 理砂、粂田 文、山本 浩司、熊谷 哲哉、金 志成、植松 なつみ
発行日:2013.9.28

Nr.094 文化史・文学史からみたトーマス・クリング
[Thomas Kling im Kontext der Kultur- und Literaturgeschichte]
編集者:縄田 雄二
執筆者:縄田 雄二、山本 潤、林 志津江、川島 建太郎、Walter Ruprechter、Stefan Buchenberger
発行日:2013.9.28

Nr.095 H. v. クライストの戯曲を読み直す
[Relektüre kleistscher Dramen]
編集者:高本 教之
執筆者:由比 俊行、眞鍋 正紀、高本 教之、新本 史斉、猪股 正廣
発行日:2013.9.28

Nr.096 語彙実用論の試み
[Lexikalische Pragmatik]
編集者:森 芳樹
執筆者:森 芳樹、高橋 亮介、Shin Tanaka、板倉 歌、平山 仁美
発行日:2013.9.28

Nr. 097 プラハとダブリン―20世紀ヨーロッパ文学における二つのトポス(その2)― フリッツ・マウトナーとその射程
[Prag und Dublin. Zwei Topoi in der europäischen Literatur des 20. Jahrhunderts (2. Teil). Fritz Mauthner und seine Tragweite]
編集者:城 眞一
執筆者:城 眞一、石川 達夫、田多良 俊樹、川島 隆、平野 嘉彦、戸田 勉
発行日:2013.9.28

Nr. 098 コーパス利用に基づくドイツ語研究-幅広いデータ収集と頻度から見直す-
[Korpusbasierte Erforschung der deutschen Sprache – Überlegungen aufgrund umfangreicher Daten und Häufigkeit -]
編集者:恒川元行・大薗正彦
執筆者:恒川元行、今道晴彦、黒田廉、カン・ミンギョン、大薗正彦、阿部一哉、山田善久・在間進
発行日:2014.5.24
Nr. 099 ドイツ語研究に今日的自律性はあるのか―方法および方法論に関する考察
[Wie weiter mit der Autonomie der Deutschforschung? – Methodische und methodologische Überlegungen]
編集者:小川暁夫
執筆者:渡辺学、小川暁夫、宮下博幸、井出万秀、高橋輝暁
発行日:2014.5.24
Nr.100 Sprache an medial-technischen Schwellen: Die Sprache ändert sich, aber wie?
編集者:Manshu Ide
執筆者:Miho Isobe、Manshu Ide、Hirofumi Hosokawa、Heike Ortner
発行日:2014.10.11

Nr. 101 フロイトの彼岸―精神分析、文学、思想―
[Jenseits von Freud – Psychoanalyse, Literatur und Philosophie -]
編集者:土屋勝彦
執筆者:鶴田涼子、山尾涼、須藤勲、山本順子、鈴木國文
発行日:2014.10.11

Nr. 102 グリム童話とドイツ伝承文学における父親像と母親像
[Vater- und Mutterbild in Grimms Märchen und deutscher Überlieferungsliteratur]
編集者:野口芳子
執筆者:野口芳子、溝井裕一、竹原威滋、山本まり子、金城ハウプトマン朱美
発行日:2014.10.11

Nr. 103 世紀転換期ドイツ語圏の芸術誌の諸相
[Aspekte der Kunstzeischriften in Deutschland und Österreich um die Jahrhundertwende]
編集者:西川智之
執筆者:西川智之、池田祐子、高橋麻帆、千田まや、古田香織
発行日:2014.10.11

Nr.104 Linguistische Sprachphilosophie: Auseinandersetzung mit Sprache aus Sicht der Linguistik
[現代言語学から見た言語哲学]
編集者:Shin Tanaka
執筆者:Shin Tanaka, Elisabeth Leiss, Maiko Nishiwaki, 室井禎之、吉田光演、Werner Abraham
発行日:2014.10.11

Nr. 105 ヴァーグナーの舞台作品におけるドラマ性
[Die Dramatizität in den Bühnenwerken Richard Wagners]
編集者:稲田隆之
執筆者:稲田隆之、山本まり子、松原良輔、岡田安樹浩、北川千香子
発行日:2014.10.11

Nr. 106 68年世代を再考する-シュトラウス、ハントケ、イェリネク、ファスビンダー
[Eine Revision der 68er. Strauß, Handke, Jelinek, Fassbinder]
編集者:渋谷哲也
執筆者:渋谷哲也、大塚直、宗宮朋子、福岡麻子
発行日:2014.10.11

Nr. 107 18・19世紀転換期における身体表象とその表現-時間の流れと静止のなかの身体-
[Körpervorstellung und deren Ausdrücke im späten 18. und frühen 19. Jahrhundert. Körper im Lauf und Stillstand der Zeit]
編集者:武井隆道
執筆者:濱田真、武井隆道、三枝桂子、照井裕香里
発行日:2015.5.30

Nr.108 Bildlichkeit und Schriftlichkeit in der deutschen Kultur zwischen Barock und Gegenwart. Mit aktuellen Ansätzen aus der Kulturwissenschaft und der Literatur
[バロックから今日までのドイツ文化における図像性と書記性-現代の文化学・文学を参照しつつ-]
編集者:Yuji Nawata
執筆者:川島建太郎、Yutaka Takatsugi, Ryo Yamao, Yuji Nawata, Stefan Buchenberger
発行日:2015.5.30

Nr. 109 中世ドイツ文学における「愛」の諸相-「ミンネ」が文学テーマ化された意味を求めて-
[Aspekte der Liebe in der deutschen Literatur des Mittelalters: Zur Relevanz der literarischen Thematisierung der minne]
編集者:嶋﨑啓
執筆者:嶋﨑啓、伊藤亮平、田中一嘉、渡邊徳明、浜野明大
発行日:2015.10.3

Nr. 110 名前の詩学-文学における固有名あるいは名をめぐる諸問題
[Poetologie der Namen: Probleme der Namen in der detuschsprachigen Literatur vom Mittelalter bis zum 20. Jahnhundert]
編集者:前田佳一
執筆者:前田佳一、山本潤、江口大輔、木戸繭子、山崎泰孝
発行日:2015.10.3

Nr. 111 現代ドイツ文学-境界の揺らぎ
[Fluktuation der Grenzen in der deutschen Gegenwartsliteratur]
編集者:川島隆
執筆者:眞鍋正紀、川島隆、麻生陽子、徳永恭子
発行日:2015.10.3

Nr. 112 ドイツ語と日本語に現れる空間把握-認知と類型の関係を問う-
[Raumerfassung im Deutschen und im Japanischen - Wie sich Kognition in der Typologie widerspiegelt-]
編集者:宮下博幸
執筆者:田中愼、藤縄康弘、宮下博幸、仁科陽江、大薗正彦、小川暁夫、中村芳久
発行日:2016.5.28

Nr. 113 文学はどこにむかうのか-ドイツ語圏越境文学の諸相と可能性-
[Wohin geht die Literatur? Aspekte und Möglichkeiten der transnationalen Literatur im detuschsprachigen Raum]
編集者:土屋勝彦
執筆者:林嵜伸二、島田淳子、眞鍋正紀、越川瑛理
発行日:2016.5.28

Nr. 114 ウィーン1945-1966 -オーストリア文学の「悪霊」たち-
[Wien 1945-1966 – „Dämonen“ in der österreichischen Literatur]
編集者:桂元嗣
執筆者:前田佳一、桂元嗣、早川文人、須藤温子、日名淳裕
発行日:2016.5.28

Nr. 115 R.シュトラウスのオペラ作品における音楽と文学との関係性を読み解く
[Ein Versuch zur Entschlüsselung des Verhältnisses zwischen Musik und Literatur bei den Opernwerken von Richard Strauss]
編集者:野口方子
執筆者:北川千香子、野口方子、広瀬大介、望月哲也
発行日:2016.5.28

Nr. 116 ドイツ語における有生性
[Belebtheit im Deutschen]
編集者:清野智昭
執筆者:室井禎之、清野智昭、カン・ミンギョン、時田伊津子
発行日:2016.5.28

Nr. 117 チューリヒ劇場と文化の政治
[Das Schauspielhaus Zürich und Politik der Kultur]
編集者:葉柳和則
執筆者:葉柳和則、市川明、Werner Wüthrich、中村靖子、増本浩子
発行日:2016.10.22

Nr. 118 引き裂かれた「現在」-1830年代の文学と政治-
[Die zerrissene „Gegenwart“ – Literatur und Politik in den 1830er Jahren -]
編集者:西尾宇広
執筆者:須藤秀平、西尾宇広、児玉麻美、磯崎康太郎、松村朋彦
発行日:2016.10.22

Nr. 119 旅と啓蒙-近代黎明期のドイツ文学における旅の表象とその変遷-
[Reisen und Aufklärung – Vorstellung und Bedeutung der Reise in der deutschen Literatur von der frühen Aufklärung bis zur Goethezeit -]
編集者:田口武史
執筆者:田口武史、市田せつ子、小林英起子、木田綾子、武田利勝
発行日:2016.10.22

Nr.120 Öffentlichkeitsinseln – Literarische Öffentlichkeit in der DDR -
[離れ小島としての公的場-東ドイツにおける文学的公共性-]
編集者:Arne Klawitter
執筆者:Arne Klawitter, Thomas Pekar, Hiroshi Yamamoto, Ryoko Yotsuya, Holger Helbig
発行日:2016.10.22


プリンタ用画面
友達に伝える
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009