オンライン状況
24 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : rhayashi 投稿日時: 2006-04-19 14:17:06 (1323 ヒット)

ミュンヘン大学
エヴェリン・シュルツ 教授
Prof. Dr. Evelyn Schulz
講演会

このたびミュンヘン大学 エヴェリン・シュルツ教授をお迎えして講演会を開催したいと思います。多数のご参加をお待ちいたしております。

テーマ: 都市遊歩者の都市発見
      ―東京散歩と都市空間の表象地図―
日 時: 2006年4月27日(木)
17時~18時30分
場 所: 上智大学 中央図書館
L―812会議室

◇日本語・入場無料◇

講師プロフィール:ミュンヘン大学東アジア研究所教授(日本研究)、同大日本センター教授。永井荷風や東京の都市像等に関する著作多数。

〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学 ドイツ語圏文化研究所
℡./Fax 03-3238-3902
e-hirata@hoffman.cc.sophia.ac.jp
http://www.info.sophia.ac.jp/g-areas/


投稿者 : rhayashi 投稿日時: 2006-04-19 14:14:59 (1280 ヒット)

ペーター・グラーザー
自作朗読会

このたびオーストリアの作家ペーター・グラーザー氏をお迎えして自作朗読会を開催したいと思います。多数のご参加をお待ちいたしております。

日 時: 2006年4月24日(月)
15時30分~17時
場 所: 上智大学 中央図書館
L―921会議室

◇ドイツ語・入場無料◇

〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学 ドイツ語圏文化研究所
℡./Fax 03-3238-3902
e-hirata@hoffman.cc.sophia.ac.jp
http://www.info.sophia.ac.jp/g-areas/

---------------------------------------------------------------------
Sophia-Universität Institut für die Kultur der
deutschsprachigen Länder

Einladung zur LESUNG

Peter Glaser
Österreichischer Schriftsteller

Zeit: Montag, 24. April
15.30-17.00 Uhr
Ort: Bibliothek L-921
Sophia-Universität

◇ Eintritt frei ◇

Auf Ihr Kommen freuen sich
Prof. J.-C. Hollerich und C. Zemsauer

e-hirata@hoffman.cc.sophia.ac.jp
http://www.info.sophia.ac.jp/g-areas/


投稿者 : rhayashi 投稿日時: 2006-04-19 14:10:35 (1281 ヒット)

日 大 朗 読 会―NICHIDAI- LESUNG―日 大 朗 読 会

招 待 作 家:  ペーター・グラーザー(Peter Glaser)
作家でフリーのジャーナリストであるペーター・グラーザーは、1957年にオーストリアのグラーツに生まれた。1980年からドイツに住み、そこで作家として活動するかたわら、“Chaos Computer Club” ( カオス・コンピュータ・クラブ ) の会員としてデジタル世界の進歩・発展に随伴している。雑誌 ”Datenschleuder” (『データ遠心分離機』) の共同編集者であったグラーザーは、2002年、本朗読会のメイン・テキストでもある “ Die Geschichte von Nichts “ (『無についての物語』) で、ドイツ語圏で最も重要な文学賞のひとつであるインゲボルク・バッハマン賞を受賞した。

日 時:  平成18年4月21日(金)2時限(10時40分~12時10分)

場 所:  図書館3階 オーバルホール

主 催:  ドイツ文学科     後 援: オーストリア大使館

*本朗読会は通訳付きで、ドイツ語と日本語で行われます。また、朗読会では上述のテキストの他に “ Bytehoven Live “ ( 『ビット/ベートーベン・ライブ』) と ” Feldnotizen ” (『フィールド・ノート』) を資料として配布します。配布テキストにはいずれも和訳テキストがついていますので、皆さま奮ってご参加ください。


投稿者 : rhayashi 投稿日時: 2006-04-12 13:26:25 (1395 ヒット)

Sehr geehrte (mögliche) Vorträger

in allernächster Zeit sucht die Fachgruppe Andere Fremdsprachen (OLE) innerhalb der Japanischen Gesellschaft für Sprachlehren und -lernen (JALT) für folgende Veranstaltungen bei der 32. Jahrestagung der Japanischen Gesellschaft für Sprachlehren und -lernen (JALT) JALT 2006 vom 2. bis 5. November 2006 in Kokura, Kitakyushu Vorschläge für Vortragsbeiträge (evtl. mit späterer Veröffentlichungsmöglichkeit) für die folgenden drei Veranstaltungen, nämlich
a) für das Andere Fremdsprachen Forum (OLE SIG Forum) für das Lehren und Lernen von anderen Sprachen als Englisch und Japanisch;
b) für den Deutsch Workshop für Beiträge im Zusammenhang mit Deutsch auf und in Deutsch oder Japanisch, und
c) für einen Multilingualismus Panel, der sich mit Themen jenseits von Englisch (und Japanisch) in- und ausserhalb von JALT beschäftigt.
Wenn Sie in einer der drei Veranstaltungen einen Beitrag von etwa 20 Minuten machen möchten, schicken Sie bitte umgehend, d.h. bis zum 12. 4. 2006 (oder vorher) die folgenden Unterlagen auf Deutsch, Japanisch oder Englisch an Rudolf Reinelt: <reinelt@iec.ehime-u.ac.jp>:
- Ihr Vor- und Nachname:
- Ihre Anstellung (wo Sie arbeiten):
- Den Titel Ihres Vortragsvorschlags:
- Ein paar Sätze zum Inhalt Ihres Vortragsvorschlags:
Im Augenblick ist kein ausführliches Abstract nötig, dies kann aber später angefordert werden.
Weitere Informationen zu JALT finden Sie hier: <http://www.jalt.org>, mehr zur Konferenz gibt es hier: <http://conferences.jalt.org/2006>
Bis 28. 4. können Sie natürlich auch einen eigenen unabhängigen Beitrag bei der Konferenz anmelden. Wie das geht, steht hier:
.
Bei Fragen hilft Ihnen gerne: Rudolf Reinelt <reinelt@iec.ehime-u.ac.jp>
oder T/F 089-927-9359
(Anrufbeantw., bitte kurz warten oder Mitteilung hinterlassen).


投稿者 : rhayashi 投稿日時: 2006-04-12 13:22:29 (2583 ヒット)

日本ヘルダー学会2006年春季研究発表会・シンポジウム
2006年5月20日(土)
慶應義塾大学AB会議室(研究室棟)

第Ⅰ部 研究発表 10:00-12:30
司会 笹田博通(東北大学教授)
1 清水威能子(國學院大学講師)
  啓蒙の時代におけるM.クラウディウスの日本記述
2 関口裕昭(愛知県立芸術大学助教授)
  詩作と狂気 ― ヘルダーリンからツェランへのエピーパトグラフィーの試み ―
3 今村 武(東京理科大学助教授)
  『ヴェルテル』と『軍人たち』におけるサミュエル・リチャードソンの『パミラ』
4 粂川麻里生(慶應義塾大学助教授)
  グローバル時代とハーマン

理事会 12:30-13:30 旧図書館小会議室

総会 13:30-14:00
  司会 川中子義勝(東京大学教授)
1 庶務報告  柴田陽弘(慶應義塾大学教授)
2 編集報告  渡邉直樹(宇都宮大学教授)
3 会計報告  佐藤茂樹(関東学院大学教授)
4 その他

第Ⅱ部 シンポジウム 14:00-17:30
  テーマ 進歩・進化の思想 十八世紀から現代へ
司会 森 淑仁(東北大学名誉教授)
1 渡邉直樹(宇都宮大学教授)
  啓蒙主義の「進歩」の思想
2 土橋 寶(広島大学教授)
  Eva Marsal (Karlsruhe-Universität)
Kritische Analyse der Strukturmerkmale des modernen Fortschrittsdenkens
3 紺野 祐(秋田県立大学助教授)
「進歩」の人間学 ― 人類の進化と人間形成 ―

懇親会 18:00-20:00


« 1 ... 197 198 199 (200) 201 202 203 ... 214 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009