オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : ichiog 投稿日時: 2006-02-15 16:45:00 (1829 ヒット)

「ベルリンでのユースサミットとドイツ企業研修2006年」
Jugend-Summit in Berlin und Praktikum in Deutschland 2006

応募の詳細は次のホームページをご覧下さい。

ホームページ
<http://jdg-tochigi.plala.jp>

メールアドレスは
<tnichidoku@tkc.co.jp>


独日青少年協会(Deutsch-Japanische Jugendgesellschaft)
http://www.djjg.org

ドイツでの研修先はZDF,Bosch,DaymlerChryslar、ワイン工場などです。その他、公共機関を予定。
ドイツ語又は英語の出来る方。面接試験により選考。


投稿者 : rhayashi 投稿日時: 2006-02-10 07:40:00 (1760 ヒット)

日本ワーグナー協会2月の例会は、2月の例会は、2月にシュトゥットガルト歌劇場の「魔笛」引越公演のヴィオラ奏者として来日されるワーグナー研究家のドリューナー氏を講師にお迎えします。ドリューナー氏は、”近年のワーグナー研究が生んだ重要な成果のひとつ”と評された「創造者にして破壊者、芸術家としてのリヒァルト・ワーグナー」„Schöpfer und Zerstörer, Richard Wagner als Künstler“(2003, Böhlau Verlag, Köln)の著者で、今回はワーグナー研究の最新成果を発表していただきます。ご期待ください。なお、氏の著書に関しては「年刊ワーグナーフォーラム2004」のフランク・ピオンテク氏による「海外ワーグナー文献」をお読みください。なお、この例会は朝日新聞社のご協力により開催の運びとなりました。 

第264回例会 ワーグナー・ゼミナール(191)
日 時:2月18日(土) 19:00 開演 21:00終了予定
場 所:渋谷 フォーラム8 10 F 1010 会議室http://www.forum-8.co.jp/渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号
テーマ:「ワーグナーの総合芸術論」
講 師:Dr. Ulrich Drüner(ワーグナー研究家・シュトゥットガルト歌劇場ヴィオラ奏者)
通 訳:舩木篤也(音楽評論家・ドイツ語講師)
協 力:朝日新聞社
参加費は、協会員1000円、一般1500円
一般の方のご来場もお待ちしておりますので、協会事務局までお申し込みの上、ふるってご参加ください。
協会事務局:Tel 03-3454-5662 Fax03-5484-2761
なお、会場の都合等で締め切らせていただくこともございますので、お申し込みはお早めにお願いします。

日本ワーグナー協会HP http://www.wagner-jp.org/


In der 264. monatlichen Veranstaltung der Richard-Wagner-Gesellschaft Japan ist ein Vortrag von Herrn Doktor Ulrich Drüner, dem Autor der sensationellen Monographie „Schöpfer und Zerstörer, Richard Wagner als Künstler“(2003, Böhlau Verlag, Köln), vorgesehen. Diejenigen, die den Vortrag hören möchten, werden darum gebeten, im voraus dem Büro der RW-Gesellschaft(03-3454-5662, fax03- 5484-2761, Öffnungszeit:Montag, Mittwoch, Freitag 13:00-17:00) Bescheid zu geben, da die Aufnahmekapazität des Saals etwas beschränkt ist.

18.02.2005(Samstag) 19:00-21:00
Shibuya Forum8 Konferenzsaal 1010
http://www.forum-8.co.jp/
Thema: Wagners Konzept des Gesamtkunstwerks
Redner: Dr. Ulrich Drüner
Dolmetscher: Atsuya Funaki
Eintrittsbeitrag: 1,500 Yen
Mitwirkung: Asahi-Shinbun


投稿者 : ichiog 投稿日時: 2006-01-29 10:44:00 (1167 ヒット)

ドイツ文化センター・流通科学大学共催

第9回流通科学大学ドイツ語教授法ワークショップ

Einladung zum 9. DaF-Workshop

„Die Wortschatzarbeit im Fremdsprachenunterricht“

外国語授業における語彙学習



日時:2006年2月18日(土)13:00 ~ 18:00 am 18. Februar 2006

場所:流通科学大学 講義棟5、5212教室 Ryutsu-Kagaku-Universität/Kobe

交通アクセスについては、http://www.umds.ac.jp/top.html

研究発表者: 相澤一美氏(東京電機大学教授)

       丸井一郎氏(高知大学教授)

脇阪豊氏 (元天理大学教授)

呼びかけ人: 板山眞由美、森田昌美



Im 9. Didaktik Workshop, der zum 4. Mal in Zusammenarbeit mit der Abteilung „Pädagogische Verbindungsarbeit“ des Goethe-Instituts stattfindet, wird das Thema „Die Wortschatzarbeit im Fremdsprachenunterricht“ aufgegriffen. Herr Prof. Aizawa aus dem Bereich Englisch als Fremd-

sprache wird einen einführenden Vortrag halten, dem dann zwei weitere Vorträge von Herrn Prof. Marui und Herrn Wakisaka aus dem Bereich DaF folgen. Es wird versucht, die Wortschatzarbeit aus verschiedenen Perspektiven zu betrachten und davon ausgehend zu diskutieren. Vorträge und Diskussionen werden sowohl in japanischer als auch in deutscher und englischer Sprache geführt.

 第9回を迎える『ドイツ語教授法ワークショップ』は、外国語学習における語彙習得に焦点を当てる。今回は英語教育研究の分野から相澤一美氏を、ドイツ語教育の分野から丸井一郎氏、脇阪豊氏をお招きして、語彙学習を多角的な視点から捉えてみたい。使用言語は日本語、ドイツ語、英語とする。



13.00-14.30 Herr Prof. Kazumi Aizawa (Tokyo Denki Universität)

英語の語彙知識を科学する

語彙習得研究で最も重要な問題は、「単語を知っていることは何を意味するか」ということである。この疑問が解決しないと、語彙知識に関する調査研究を始められないし、効果的な語彙の指導法を開発することも難しいと思われる。

本発表では、まず、外国語における語彙知識をどのように定義できるかを紹介する。さらに、昨年実施した2つの実験「受容的語彙知識のレベルの検証-文脈と選択肢が単語の意味の想起に及ぼす影響」と、「語彙頻度と語彙知識の関係」についての結果を簡単に報告する。最後に、これらの実験結果に基づいて、語彙指導の実践例を示し、その可能性についてフロアの皆さんと意見交換したい。

A Scientific Approach to English Vocabulary Knowledge

The most important question in vocabulary acquisition is “What does it mean to know a word?” We can not start research on vocabulary knowledge nor can we develop an effective method for teaching vocabulary unless we can find an answer to this question.

In this presentation, I would like to introduce how we can define what it means to “know a word.” To put this in context, I will briefly report two studies which I carried out last year: one concerned with levels of receptive vocabulary knowledge; the role of context and multiple choices in vocabulary tests, and the other which explored discrepancies between difficulties of words and their frequencies. Finally, I would like to share some practical ideas for teaching vocabulary with you, based on the findings of these studies.



14.45-16.15 Herr Prof. Ichiro Marui (Kochi Universität)

語彙等基本表現のコンテクスト化への補助方策:初級段階での実践例から

 語彙単位を含む基本的な表現の学習・教授において重要なことは、表現形式の取り扱いを通じて、言語内的・外的な諸関連、諸状況、つまり表現が定位されるべきコンテクストを創出するよう促すことである。日本の大学における異言語の教授・学習という事象において、コンテクストは原則的に二重化(多重化)する。大別すれば「ここ」と「あちら」である。言語行為の根本的な状況内在性を評価するなら、まずは、特に初級段階では「ここ」におけるコンテクスト化を促進することが求められる。これは、学習の最初期の段階から、語彙単位など全く単純な表現形式との接触において常に実現されるべきである。それとほぼ同時に、しかしより慎重に「あちら」のコンテクストへの導入が行われるべきである。本発表ではこの目的のために試みた教授法上の方策について実例を基に報告する。

Hilfsmittel zur Kontextualisierung elementarer Ausdrucksformen inklusive des Wortschatzes

― Aufgrund der Erfahrungen aus Anfangsstufen ―

Fürs Lehren und Erlernen elementarer Formen einer Fremdsprache ist es konstitutiv, dass bei ihrer Handhabung (im Unterricht) sprachinterne und -externe Bezüge der Ausdrucksformen, d. h. die geeigneten Kontexte produziert werden, in denen diese Formen zu lokalisieren sind. Im Falle des Deutschunterrichts an japanischen (Hoch-)Schulen werden die betreffenden Kontexte wenigstens verdoppelt (vervielfacht): Hier-Kontext und Dort-Kontext. Wenn der grundsätzlichen Situativität sprachlicher Handlungen Rechnung getragen werden soll, ist es ratsam, i. b. auf den Anfangsstufen die Kontextualisierungen im Hier-Kontext zu befördern. Dies sollte vom Anfang des Kontaktes mit der Fremdsprache an der Fall sein. Gleichzeitig, aber vorsichtiger soll die Einführung in die Dort-Kontexte stattfinden. Im geplanten Vortrag werden einige didaktische Hilfsmittel zum genannten Ziel vorgestellt und zur Diskussion angeboten.



16.30-18.00 Herr Yutaka Wakisaka

「テクストプロセスとしての語彙習得」

学習を「プロセス」として捉えてみたい。外国語学習においても、学習者はひとつのテクストプロセスのなかで、目標言語の運用能力を試行錯誤的・実践的に身につけていく。語彙習得も例外ではなく、終わることのない記号過程のなかで、学習条件の多様さに応じて、多面的なプロセスを形成している。プロセスとしてのテクストは、意味上のつながりを縦糸とし、「くりかえし」の原理実現を横糸とする「織物」である。

プロセスとしての学習を考えるとき、一義的なあるいは狭義の語彙能力獲得の「成果」は中心課題とはならない。整合的なデーター解析よりは、「テクストプロセス」のなかでの「現実」と、おそらくは発見されるはずの各種の矛盾要因を考察することが求められる。このときの教師は、観察者と解釈者そして学習協力者である。

Wortschatzarbeit als und im Textprozeß

In meinem Referat wird vor allem das Lernen als Zeichenprozeß (=Semiose) aufgefasst. Die Fremdsprachenlerner arbeiten mit Versuch und Irrtum in den mehrfachen Textprozessen, um aktive Verwendungsfähigkeit der Zielsprache zu erwerben. Denn Text ist anthropologisch-pragmatisch aufzufassende sprachliche und nichtsprachliche komplexe Einheit. Auf diese Weise wird die Wortschatzarbeit als Textprozeß entfaltet. Daher werden jeweilige Lernergebnisse (z.B. Ergebnisse der Wortschatzarbeit) nicht zuerst als etwas Entscheidendes, sondern als “eine Station” der Semiose beobachtet, damit auch Lern-Probleme herangezogen und möglicherweise analysiert werden. Beim Unterricht bzw. Selbstlernen ist keine einheitlich geklärte Beschreibung des Resultates zu beabsichten.



詳細問い合わせ、参加申し込み先 Fragen/Anmeldung bei Prof. Itayama (流通科学大学)

Tel. 078-796-4324 Mayumi_Itayama@red.umds.ac.jp


投稿者 : rhayashi 投稿日時: 2006-01-23 17:49:18 (1372 ヒット)

 京都府立大学名誉教授の會津 伸が、昨年12月31日未明 満84歳11ヶ月の生涯を終え永眠いたしました。既に近親者により密葬を済ませましたが、下記のとおり「送る会」を催しますのでお知らせいたします。

日時:1月28日(土) 午後1時より
会場:中野サンプラザ 13階コスモルーム
(東京都中野区中野4-1-1 JR中野駅北口)


投稿者 : rhayashi 投稿日時: 2006-01-23 12:32:06 (1617 ヒット)

オーボ・アカデミー大学 ダグマー・ノイエンドルフ教授講演会(日本語通訳つき)のお知らせ



 筑波大学外国語センター ドイツ語セクションではフィンランド共和国・オーボ・アカデミー大学(トゥルク市)教授であるダグマー・ノイエンドルフ先生の訪問に合わせ、講演会を開催します。皆様のご来聴をお待ちしております。



日時: 平成18年2月16日(木)17時

会場: 筑波大学 人文社会学系棟 7階 B721

(アクセスについてはhttp://www.tsukuba.ac.jp/navi/access.htmlをご参照ください)



講演者: ダグマー・ノイエンドルフ (オーボ・アカデミー大学人文学部教授)

Prof. Dr. Dagmar Neuendorff (Åbo Akademi, Humanistiska fakulteten)



題目: 国際性と地域密着性 ~オーボ・アカデミー大学 ある小専攻の試み~

Internationalität und lokale Gebundenheit. Ein Modell für ein kleines Fach an der finnlandschwedischen Universität Åbo Akademi in Turku/Finnland.



ノイエンドルフ教授は中世ドイツ文学とテキスト言語学を専門とされており、過去数十年にわたってフィンランド国内でのドイツ語教育およびドイツ語・ドイツ文学研究の指導にあたってこられました。

この機会にオーボ・アカデミー大学ドイツ語学科におけるカリキュラム改革の現状について先生のお話を伺い、日本国内および本学におけるドイツ語関連科目のあり方について考えを深めることができればと願っております。



お問い合わせ先 筑波大学 黒田 享(kuroda@sakura.cc.tsukuba.ac.jp)


« 1 ... 197 198 199 (200) 201 202 203 ... 210 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009