Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  

投稿者 : ichiog 投稿日時: 2005-09-14 16:09:00 (1241 ヒット)

(財)日独協会主催 特別講座

第2回 独検セミナー ~独検2、3級を目指す方々のために~

 

 

ドイツ語学習者のみなさん、日々のお勉強おつかれさまです! 

さて、独検(ドイツ語技能検定試験)は、ドイツ語能力を証明する試験として、英検、仏検と並び日本で幅広く認知されてきました。リスニング、読解、文法、口述(1,2級のみ)部門から成る独検にチャレンジすることは、皆様のドイツ語能力を総合的に飛躍させるに違いありません。


2回目の開催となるこのセミナーでは2,3級の各級の特色や、合格の水準、最新の過去問題を引用して実際の傾向と対策、試験に向けた学習方法や、独検を受けることのメリットなどに関してわかりやすく、「ドイツ語技能検定試験」実行委員の光野正幸先生からお話いだきます。


秋期試験(11月23日開催)の受験を検討されている方、学習方法を模索している方にもお勧めのセミナーです。


日時: 2005年10月6日木曜日

18:30 開場

19:00~20:30  講演 及び Q&A

場所: 上智大学四谷キャンパス内ソフィアンズクラブ 

講師: 光野 正幸先生 (武蔵大学教授  財団法人ドイツ語学文学振興会理事長)

定員: 50名 (定員に達し次第受付を終了させていただきます。)

会費: 500円 (ソフトドリンク付)

詳細掲載ホームページ: http://jdg-tokyo.jp/dokken/dokken2005.html

 

詳細お問い合わせ、お申込みは下記までお願いいたします。

財団法人 日独協会

〒102-0083  千代田区麹町5-1 NK真和ビル9階

Tel.03-3265-3411 Fax 03-3265-3420 

E-mail: jdg@jdg.or.jp

URL: http://www.jdg.or.jp

 


投稿者 : ichiog 投稿日時: 2005-09-14 16:06:00 (950 ヒット)

(財)日独協会主催ドイツ語講習会

2005年度下半期コース開講


日独協会のドイツ語講習会では経験豊かで丁寧に授業を行う講師を揃え、楽しく、アットホームな雰囲気で授業を行います。また在日ドイツ人やドイツ語学習者の交流会(JG Stammtisch)や、Sprach-Cafe(当協会のドイツ人研修生と受講生がカードゲームなどで遊びながらドイツ語を使う場です。)を開催し、学習者にドイツ語を実践で使う機会を提供しております。
「日本におけるドイツ年」、「FIFAワールドカップドイツ大会」に際し、ドイツ文化に触れることが多くなってまいりましたこの機会に、当協会で役に立つドイツ語を学んでみませんか?

期間: 2005年10月~2006年3月

受講料: 42,000円 (6ヶ月 2時間授業 x 20回)

      受講には日独協会会員資格が必要です。(下半期会費一般3500円、学生1500円)

クラス: 入門会話、初級会話、中級、アクチュアルなテーマで学ぶドイツ語等全10クラス

授業場所: (財)日独協会セミナールーム(千代田区 麹町)、上智大学市ヶ谷キャンパス

 

クラスの詳細、申込み方法に関しましては下記ホームページをご覧ください。

http://deutsch.gooside.com/

 

またパンフレットのご請求、お問い合わせは下記までお願いいたします。

(財)日独協会 

〒102-0083 千代田区麹町5-1 NK真和ビル9階

電話:03-3265-3411 FAX:03-3265-3420

e-mail: jdg@jdg.or.jp


投稿者 : ichiog 投稿日時: 2005-09-14 16:05:00 (1526 ヒット)

マンハイム大学ドイツ文学科ヨッヘン・ヘーリシュ教授講演会のお知らせ





慶應義塾大学文学部独文学専攻では、文部省科学研究費基盤研究(B)「20世紀後半から21世紀初頭の日本におけるメディア革命の比較文化理論的研究」の一環として、標記の講演会を催します。



日時:10月12日(水)16:00より

場所:1088345東京都港区三田2‐15‐45

慶應義塾大学三田キャンパス南館地下3階、2-B34

(地図は以下URLをご参照ください)

http://www.keio.ac.jp/access2.html#mita



講演題目:

Die Kunst des Lebens und das Leben der Kunst.

Überlegungen zu Schillers Konzeption einer ästhetischen Erziehung des Menschen

(ドイツ語、日本語訳文付)

どなたでも無料にてご参加いただけます。皆様ふるってお越しください。



お問い合わせ先:

大宮勘一郎(慶應義塾大学文学部)

omiya@flet.keio.ac.jp




--------------------------------------------------------------------------------





EINLADUNG ZUM VORTRAG

VON HERRN

PROF. DR. JOCHEN HÖRISCH

(UNIVERSITÄT MANNHEIM)

ZUM THEMA:

Die Kunst des Lebens und das Leben der Kunst.

Überlegungen zu Schillers Konzeption einer ästhetischen Erziehung des Menschen




AM 12. OKT. 2005, AB 16:00.



ORT: KEIO UNIVERSITÄT, MITA-CAMPUS

Mita 2-15-45, Minato-ku, 1088345Tokyo

( http://www.keio.ac.jp/access2.html#mita)

South Bldg. B3F, 2-B34



HERZLICH WILLKOMMEN!



weitere Information:

Kanichiro Omiya (Keio Universität, Seminar für Germanistik)

omiya@flet.keio.ac.jp


« 1 ... 195 196 197 (198) 199 200 201 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009