Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : hirokokitahara 投稿日時: 2017-04-18 09:01:15 (307 ヒット)

ドイツ語教員2名(専門領域:「ドイツ語学」および「ドイツ・EU圏社会科学」各1名)を公募いたします。詳細はhttp://www.dokkyo.ac.jp/news/detail/id/7326/publish/1/、およびhttp://www.dokkyo.ac.jp/news/detail/id/7325/publish/1/をご覧ください。


投稿者 : hirokokitahara 投稿日時: 2017-03-28 09:30:00 (380 ヒット)

 In der Deutschen Abteilung der Universität Tokyo(Komaba) ist ab 1. 4. 2018 eine Stelle zu besetzen.

Das Aufgabengebiet umfasst Lehr- und Prüfungstätigkeit in den B.A.- und M.A.-Studienjahren der Fakultät. Die Lehrtätigkeit besteht im Prinzip aus:
1) 6 Doppelstunden Deutschunterricht in der Deutschen Abteilung
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/eng_site/info/academics/zenki/intro2/
2) 1 Doppelstunde Unterricht im Bereich Area Studies Deutschland für Studenten im 3.-4. Studienjahr oder in der Graduierten-Schule
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/eng_site/info/academics/fas/
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/eng_site/info/academics/grad/

Voraussetzungen
1) Deutsch als Muttersprache.
2) Erwünscht ist eine abgeschlossene Promotion im Fach Germanistik, Philosophie, Geschichte, Sozialwissenschaften bzw. Japanologie.
3) Erwünscht ist weiterhin Lehrerfahrung oder andere einschlägige Zusatzqualifikation.

Nähere Auskünfte unter
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/eng_site/info/news/employment/20170321105230.html

Wenn Sie Fragen haben, wenden Sie sich bitte an:
Prof. Nobuhiko Adachi
die Universität Tokyo, Deutsche Abteilung
E-Mail: adachi@ask.c.u-tokyo.ac.jp


投稿者 : yu1026 投稿日時: 2017-03-03 12:29:45 (426 ヒット)

このたび松山大学(経済学部)では、言語文化科目「ドイツ語」を担当する教員(講師以上(特任)1名)の公募を行なうことになりました。
採用予定日は2018年4月1日で、応募期限は2017年9月22日です。
詳しい内容は、本学ホームページの「ドイツ語学担当特任教員募集」をご覧下さい。

http://www.matsuyama-u.ac.jp/soshiki/113/bosyu-keizai201610.html


投稿者 : bigpug55 投稿日時: 2013-04-08 07:46:05 (1122 ヒット)

以下の要領で次回のドイツ言語理論研究会(GLT)を開催いたします。
多くの、関心ある皆さまのご来聴をお待ちしております。

日時: 2013年4月27日(土)15:00 ~ 18:00
* 開始時刻にご注意ください。

場所: 東京大学駒場Ⅰキャンパス18号館4階
   コラボレーションルーム4
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/campusmap.html

内容:
1.発表
清野智昭 (千葉大学)
「動詞語彙のコーパス研究-心理動詞を中心に」

2.読書報告
阿部一哉 (跡見学園女子大学)
Stefan Müller (2007) Qualitative Korpusanalyse für die
Grammatiktheorie: Introspektion vs. Korpus. In: Gisela
Zifonun und Werner Kallmeyer (Hrsg.), Sprachkorpora –
Datenmengen und Erkenntnisfortschritt (Institut für
Deutsche Sprache Jahrbuch 2006). Berlin: Walter de Gruyter,
S.70–90.

当日は、18号館入り口が閉じられていますので、入り口右側にある
学内フォンかお電話から、コラボ4にお電話ください。(コラボ4の
番号は学内フォン横に掲示されています。)

東京大学・総合文化研究科
森 芳樹
E-mail: mori_AT_boz.c.u-tokyo.ac.jp


投稿者 : tstakeda9 投稿日時: 2013-03-09 04:34:27 (763 ヒット)

上智大学ヨーロッパ研究所では、2013年3月22日(金)に映像ゼミナール2013春「死にたくなければどう生きるか?」を開催致します。多くの方にご参加頂きたくご案内申し上げます。詳細は、ヨーロッパ研究所HP
http://www.info.sophia.ac.jp/eiをご覧ください。


« 1 (2) 3 4 5 ... 133 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009