Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : settsu 投稿日時: 2017-07-28 11:35:18 (413 ヒット)

金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系では、ドイツ語学または認知言語学を専門分野とする専任教員1名(女性限定・任期なし)を公募します。
採用予定日は2018年4月1日、応募締切日は2017年9月29日です。
詳細は本学ホームページをご覧下さい。

http://www.kanazawa-u.ac.jp/collegeschool/10_hs/outline/koubo.html


投稿者 : settsu 投稿日時: 2017-07-07 09:35:34 (436 ヒット)

Das 26. Seminar zur Österreichischen Gegenwartsliteratur in Nozawa Onsen beginnt am Freitag, den 10. November. Bis Sonntag, den 12. November diskutieren dann die Seminarteilnehmer Reinhard Kaiser-Mühleckers Werk im Dialog mit dem Autor.
Details zum Programm und vieles mehr finden Sie auf der Seminar-Homepage: http://www.onsem.info. Anmeldungen bis 31. Juli direkt unter: http://www.onsem.info/anmeldung/.

第26回オーストリア現代ゼミナールは11月10日(金)から12日(日)まで。ゼミナール参加者による発表やラインハルト カイザー・ミューレッカー本人による作品朗読やディスカッションを予定。
プログラムの詳細やその他の情報はゼミナールホームページで:http://www.onsem.info.    
参加申し込みは2017年7月31日まで: http://www.onsem.info/anmeldung/.


投稿者 : settsu 投稿日時: 2017-07-07 09:21:17 (568 ヒット)

慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(総合政策学部、環境情報学部、政策・メディア研究科)では、ドイツ語を担当する教員(専任または有期)を募集いたします。詳細はhttp://www.sfc.keio.ac.jp/employment/index.html をご覧ください。


投稿者 : settsu 投稿日時: 2017-06-30 09:12:49 (362 ヒット)

Die Nachricht wurde auf folgender Website veröffentlicht:
http://deutschehaikukyoto.com (Betreiber: G.Doi,KWU)

Wir sprechen mit diesem Wettbewerb OberschuelerInnen und Studierende
japanischer Universitaeten an. In diesem Jahr erbitten wir Haiku (bis zu 2
Haiku) mit einem Sommer-Jahreszeitenwort.
Einsendeschluss ist der 15. Oktober 2017.
Die feierliche Preisverleihung wird am 2. Dezember 2017 in Kyoto
stattfinden.
Neben einer Urkunde erhalten die Preisträger wertvolle Sachpreise.
Sponsoren: Goethe-Institut, IIK Deutschland, Swatch Japan, Ikubundo, Dt.
Samstagsschule Kyoto u.v.m. Lehrkräfte, die zusätzliches Informationen
bzw. Material zum Thema Haikuschreiben in deutscher Sprache erhalten
möchten bitten wir, sich an die folgende Mail-Adresse zu wenden: 
deutschehaiku@kyoto-wu.ac.jp http://deutschehaikukyoto.com
Fremdsprachenabteilung (Deutsch) der Frauenuniversität Kyoto Yasuo
Takenaka, Gisela Doi, Bettina Langner-Termamoto

第6回京都女子大学ドイツ語俳句コンテスト2017
日本の高校や大学でドイツ語を学んでいるすべての大学生・高校生に、「京女俳句コ
ンテスト」への参加をご案内いたします。今年のテーマは夏の俳句です。
応募締切は2017年10月15日です。
授賞式:2017年12月2日(京都で)
スポンサー:ドイツ文化センター、IIK Deutschland (ドイツ国際コミュニケーショ
ンイン・ステイチュート)、スウォッチ・ジャパン、郁文堂など。後援:大阪神戸ド
イツ総領事館、DAAD、スイス大使館東京、オーストリア文化フォーラム東京。
「ドイツ語で俳句を書く」というテーマに関する詳しい情報や資料について知りたい
方(また、授業で学生たちと「俳句」というテーマを実際に試してみたいドイツ語の
先生方)は、ぜひ下記のアドレスにお問い合わせください。メール:
deutschehaiku@kyoto-wu.ac.jp
詳細はこちら: http://deutschehaikukyoto.com京都女子大学外国語準学科ドイツ語研究室
竹中康雄、土井ギーゼラ、ラングナー寺本ベティーナ


投稿者 : hirokokitahara 投稿日時: 2017-06-27 10:32:29 (186 ヒット)

 昨年、九大独文科研プロジェクトの一環で、 九州大学文学部にて多和田葉子朗読会を行いましたが、今年は、同じく芥川賞作家である平野啓一郎氏をお招きして講演をしていただくことになりました。講演はトーマス・マンやエルンスト・ユンガーなどドイツ文学と深く関わる内容です。詳細は添付書類をご覧になってください。


           記

日 時:2017年7月15日(土)14:30~16:00(受付14:00~)

場 所:九州大学文学部会議室(箱崎キャンパス、文学部4階)
    (http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/access/、最寄りのバス停は九大北門)

題 目:破滅と希望(芥川賞作家による「災害ユートピア」をめぐる講演!)

講 師:平野啓一郎(作家)

入場料:無料(但し定員70名になり次第、受付終了。現在、すでに残席は半数以下ですので、早目にお申し込みください)

申込先:西日本日独協会(info[at-mark]jdg-nishinihon.org)か企画者の小黒康正(oguro[at-mark]lit.kyushu-u.ac.jp


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 200 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009