Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : sugita 投稿日時: 2016-01-11 12:25:16 (414 ヒット)

トルコ国際ゲルマニスティク会議



Akdeniz Universität より2016年5月に開催される国際会議の案内がありましたのでお知らせいたします。詳細は下記のサイトをご覧ください。

http://www.itugek.org/


投稿者 : sugita 投稿日時: 2016-01-11 12:23:41 (462 ヒット)

オーストラリアゲルマニスティク協会
国際会議のご案内



Australischer Germanistikverbandから2016年11・12月に開催される国際会議の案内がありましたのでお知らせいたします。詳細は下記のサイトをご覧ください。

https://leogsaa.files.wordpress.com/2015/12/gsaa-cfp-2016.pdf


投稿者 : sugita 投稿日時: 2015-07-16 19:34:34 (441 ヒット)

日本学術会議第一部主催
公開シンポジウム「人文・社会科学と大学のゆくえ」


日本学術会議は、国立大学の教員養成系学部・大学院、人文社会科学系学部大学院について組織の見直しを要請した先般の文部科学大臣の通知に関連して、来たる7月31日(金)に、公開シンポジウム「人文・ 社会科学と大学のゆくえ」(日本学術会議第一部主催)を開催します。日本独文学会へも、この催しの周知について依頼がありましたので、会員の皆様にお知らせいたします。詳細は下記URLをご覧ください。

>> http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/215-s-1a.pdf


投稿者 : sugita 投稿日時: 2015-02-22 14:29:33 (656 ヒット)

EINLADUNG

zum 1. internationalen Kolloquium
des germanistischen Seminars an der Universität Kyushu
http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~german/


Die apokalyptische Kultur als Topos
in der deutschen Literatur und Geistesgeschichte.
Ist das ‚Ende‘ vom Ende möglich?



Zeit: Dienstag, 10. März 2015, 13:00 Uhr,
Mittwoch, 11. März 2015, 10:30 Uhr

Ort: Universität Kyushu in Fukuoka, Hakozaki-Campus,
Raum: Bungakubu-Kaigishitsu (4. Stock japanischer Zählung)
(Vgl. http://www.kyushu-u.ac.jp/english/university/location/location.php)

Programm:
[10. 03. 2015]
1. 13:00−14:00: Yasumasa Oguro (Fukuoka)
Überblick über unser JSPS-Projekt.

2. 14:10−15:10: Yasumasa Oguro (Fukuoka)
Die apokalyptische Kultur als Topos in der deutschen Literatur und Geistesgeschichte. Ist das ‚Ende‘ vom Ende möglich?

3. 15:30−16:30: Sascha Monhoff (Aichi)
Subjektive Apokalypsen - Todesreflexion als Offenbarungsakt bei Elias Canetti.

4. 16:40−17:40: Wolfgang Braungart (Bielefeld)
Die Apokalypse — eine literarische Gattung? Einige historisch-systematische Thesen, ausgehend von Brechts 'Hauspostille'.

[11. 03. 2015]
5. 10:30−11:30: Toshikatsu Takeda (Fukuoka)
Geste der Grenzüberschreitung.

6. 11:40−12:40: André Reichart (Fukuoka)
'Die fröhliche Apokalypse'. Wiener Weltenden um 1900.

7. 13:10−14:10: Keita Fukumoto (Fukuoka)
Die Offenbarung des Geheimnisses — „Inflationspropheten“ oder die Inflation der Propheten.


Projekt: JSPS-Forschungszuschuss „Scientific Research (B), Nr. 26284048,
geleitet von Prof. Dr. Yasumasa Oguro vom April 2014 bis zum März 2019.

Kontakt: Hiroaki Murakami (hiroakidct [at-mark] hotmail.com, Tel: 092-642-2407)


投稿者 : shigeno 投稿日時: 2013-12-10 10:23:47 (7 ヒット)

大阪大学大学院言語文化研究科言語文化専攻では、現在、現代超域文化論講座およびドイツ語部会に所属する教員(准教授または講師1名)の公募を行なっています。
応募期限は2014年1月6日(月)です。
詳しい内容は、本専攻ホームページ(http://www.lang.osaka-u.ac.jp/lc/ )の「教員募集」欄に掲載されている公募要項をご覧下さい。
大阪大学大学院言語文化研究科研究科長 木村茂雄


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 140 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009