オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : teraday 投稿日時: 2019-08-14 12:03:57 (60 ヒット)

Prof. Dr. Sebastian Löbner 講演会のご案内



第47回語学ゼミナール招待講師 Sebastian Löbner教授(Düsseldorf大学)をお迎えし、9月に下記の講演会を開催することになりました。ご来聴をお待ち申し上げます。

日  時:2019年9月7日(土)15:30 – 17:00
場  所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス 1401教室
(阪急梅田駅 「茶屋町口」改札より北へ徒歩5分・アプローズタワー14階)
http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
テーマ:Frames 3.0 – Sind alle menschlichen Konzepte Frames?
講演言語:ドイツ語
問い合わせ先:阪神ドイツ文学会(hanshin [ at ] jgg.jp)
* 事前申込不要・入場無料



(※ 急な変更や中止の際は以下の公式ブログでお知らせします。)
阪神ドイツ文学会公式ブログ http://hsgm.exblog.jp/


投稿者 : nakamurah 投稿日時: 2019-07-26 09:00:00 (155 ヒット)

ゲーテ・インスティトュートの招聘でアジアゲルマニスト会議(札幌)に来日されるProf. Dr. Olaf Bärenfänger(ライプツィヒ大学)をお招きし、下記のとおり講演会を開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。

Prof. Dr. Olaf Bärenfänger (Universität Leipzig) 講演会
テーマ: The Common European Framework of Reference: How Does It Impact Foreign Language Learning?

日時: 2019年9月3日(火)15:00-16:30
場所: 早稲田大学早稲田キャンパス8号館4階412教室
https://waseda.app.box.com/s/pbxii35yfxie8jb35ad9vg55dq0qlcwv

主催: 早稲田大学言語情報研究所
共催: 早稲田大学情報教育研究所
企画・運営:
科学研究費補助金基盤研究(C)「ドイツ語学習者の発話の非流暢性を発話の協働構築の観点から再検討する」(課題番号18K00889, 研究代表者:星井牧子・早稲田大学)
早稲田大学特定課題研究助成費(研究基盤形成)「留学によるドイツ語学習者の言語使用の変化に関する考察」(課題番号2019c-025, 研究代表者:星井牧子・早稲田大学)
使用言語:英語

*当日参加も歓迎しますが、会場準備の都合からできるだけ事前の参加登録をお願いします。
事前参加登録:
https://forms.gle/SdSoLgP1pQRBit2h9



The Common European Framework of Reference: How Does It Impact Foreign Language Learning?

Olaf Bärenfänger (Universität Leipzig)

The Common European Framework of Reference (CEFR) constitutes a means to make various educational systems in Europe comparable, enhance multilingualism and pluriculturalism, and foster mobility in Europe. For this purpose, the CEFR provides a common yardstick to measure different levels of foreign language competence. The CEFR approach aims to describe communicative actions a learner is able to effectuate on one of six competence levels. Approximately 20 years after the publication of the CEFR, the Council of Europe has presented a “Companion Volume” to the CEFR. This document provides additional competence descriptors and introduces a new Pre-A1 level.
In this presentation, the major goals of the Council of Europe’s language policy will be examined. Its impact on language curricula, textbooks, language examinations, and teacher training will be illustrated by means of various examples. A brief introduction to the CEFR Companion Volume will give an overview of recent developments in the teaching and learning of foreign languages. There will be ample time to discuss how the CEFR might be beneficial in teaching foreign languages in the Japanese context.

どなたでもご参加いただけます(参加費無料)。講演会についてのお問い合わせは
星井牧子(早稲田大学法学部 mhoshii[at]waseda.jp)まで。


投稿者 : nakamurah 投稿日時: 2019-07-26 09:00:00 (174 ヒット)

Hiermit ergeht freundliche Einladung zum

Gastvortrag von
Prof. Dr. Friedrich Balke,
Ruhr Universität Bochum:

„Mimesis und Figura. Plato, Burckhardt, Freud“


Datum: Mo., 2. September 2019, 16. 00 Uhr-

Ort: Konferenzraum, 4. Stock, Südgebäude (South Building), Mita-Campus, Keio- Universität, Tokyo
https://www.keio.ac.jp/en/maps/mita.html

Vortragssprache: Deutsch
* Keine Anmeldung erforderlich. Eintritt frei.

Abstract:
Ausgehend von Platos Verurteilung exzessiver Mimesis wird der Vortrag die hartnäckige Wiederkehr des „Wunsches zu reproduzieren“ behandeln, wie sie Jacob Burckhardt für die Renaissancekultur beschrieben und wie sie Freud im Rahmen seiner Lektüre von Wilhelm Jensens „Gradiva“ erörtert hat. In beiden Fällen ist der Exzess der Mimesis an die Macht der Figura gebunden, die Erich Auerbach als „bewegte Form“ bestimmt und die im Vortrag mit Blick auf Prozesse kultureller und medialer Relokalisierung thematisiert werden.

Veranstalter: Germanistisches Institut an der Keio-Unviersität
Kontakt: Kentaro Kawashima(kkentaro[AT]flet.keio.ac.jp)


投稿者 : nakamurah 投稿日時: 2019-07-26 09:00:00 (92 ヒット)

アジアゲルマニスト会議および独文学会語学ゼミナールの招聘で来日されるHeinrich-Heine-Universität Düsseldorf, Sebastian Löbner教授による東京大学講演会を以下の要領で開催いたします。
ご来聴をお待ち申しあげております。

日時: 9月10日(火) 15:30-17:30
場所: 東京大学駒場キャンパス 18号館4階
コラボレーションルーム3
講演: "Cascades: a fundamental structure of cognitive representations?"

範疇化を幾層にもわたって同時に行うことを提案する講演です。とくに動詞意味論に関して面白い結果をもたらすとのことです。
英語による講演となりますが、質疑応答はもちろんドイツ語も交えて行われます。

主催: 言語理論研究会
問い合わせ先: 森 芳樹
(mori AT boz.c.u-tokyo.ac.jp)


投稿者 : nakamurah 投稿日時: 2019-07-26 09:00:00 (110 ヒット)

このたび、秋田大学教育文化学部 地域文化学科 国際文化講座では、「ドイツ語圏を中心としたヨーロッパ地域文化研究、言語文化研究、表象文化研究」の専任教員を1名募集いたします。応募期限は、2019年9月17日(火)必着です。詳細は、下記サイトをご覧下さい。

https://www.akita-u.ac.jp/eduhuman/guide/gu_publicappeal.html

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D119061847&ln_jor=0


(1) 2 3 4 ... 226 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009