オンライン状況
23 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : teraday 投稿日時: 2018-09-06 13:37:17 (196 ヒット)

9月29日臨時総会議題変更のお知らせ



『ドイツ文学』別冊2018年秋号および学会ウェブサイトでお知らせした9月29日開催の臨時総会のプログラムには議題として「会則の改正について」が挙げられていますが、これを削除いたします。理由は以下の通りです。

当初は14条第3項の改正を考えていました。欠員補充に伴い、選挙で選ばれる理事20人の定員を上回ることがありうる、という春の総会での指摘を受けて、それに対応するため文言を追加しようとするものでした。

しかし、現理事会は、対応する規定がなかった前回の理事選挙の結果を補充に使うことは不適切と考え、任期中に欠員の補充を行わないことにしております。来年6月をもって現会則は廃止され新社団法人に移行いたしますので、会則の改正を行う必要はなくなりました。



投稿者 : teraday 投稿日時: 2018-09-04 19:28:56 (149 ヒット)

Einladung zum VDJ-Workshop auf der JGG-Herbststagung
ドイツ語教育部会主催ワークショップのお知らせ



"Smartphone im Unterricht Deutsch als Fremdsprache: Mündliche Sprachproduktion mit Hilfe einer-App"

Ein Problem beim Fremdsprachenunterricht im Muttersprachenland ist häufig das Fehlen von relevanten Situationen, in denen das Gelernte angewendet werden kann.  In dem Workshop wird vermittelt, wie ein Szenarium erzeugt werden kann, wo mit Hilfe des Smartphones die Studenten und Studentinnen zum Sprechen animiert werden. Das Szenarium und die Software eignet sich für alle Niveaus und ist unabhängig von dem verwendeten Lehrbuch.

Der Workshop besteht aus zwei Teilen:
-Einführung in die Software Adobe Spark Video
-Hands on: die Teilnehmerinnen/Teilnehmer des Workshops erstellen selbst ein Video

Die Voraussetzungen für die Teilnahme sind:
-iPhone/iPad oder Notebook (Mac oder Windows; die App gibt es nur für iOS nicht für Android-Smartphones, jedoch kann die Software mit gleicher Funktionalität in einem Browser laufen)
-möglichst eigener mobiler WLAN-Spot; die Verbindung per Smartphone könnte u. U. manchmal etwas langsam sein.
-Eine (kostenlose) Adobe ID; um Zeit zu sparen, sollten die Teilnehmerinnen/Teilnehmer des Workshops diese ID bereits zuvor erstellt haben (s.u.).
-auf dem eigenen Gerät muss vor Beginn des Workshops die (kostenlose) Software Adobe Spark Video installiert sein.

Das Konzept wurde bereits im Unterricht an der Nanzan Universität ausprobiert. Nähere Erläuterungen dazu und Beispiele der Ergebnisse können unter diesem Link eingesehen werden: http://mmc-ob.de/storytelling-mit-adobe-spark-video/
Die Software von Adobe kann hier angesehen werden: https://spark.adobe.com/about/video. Dort kann auch die Adobe ID erstellt werden.
Die App kann in dem App Store für iOS-Geräte heruntergeladen werden.

Die Sprache des Workshops ist Deutsch.

Sonntag, 30.09.2018, 14.00-15.30
Raum C20, Zengaku-Kyōikutō, Universität Nagoya
max. 20 TeilnehmerInnen, Anmeldeschluss am 27. 9
Anmeldung: https://goo.gl/forms/Ot6XXj50XcA6fedA2

外国語授業における問題のひとつに、目標言語圏以外では学習したことを使用する機会が少ないということがあげられる。本ワークショップは、スマートフォンを用いることで学習者の発話を促すシナリオを作成する方策について取り上げる。このシナリオとソフトウェアはすべてのレベルで実践可能で、かつ教科書に縛られない。

本ワークショップは2部構成となっている。
-ソフトウェア「Adobe Spark Video」紹介
-実践:動画制作

申込に際して
-iPhone/iPadないしノートパソコン持参(ただしAndroid端末は利用不可能)
-モバイルWiFiをお持ちの方は是非ご持参ください
-Adobe IDを取得しておいてください(時間節約のため。無料)

ソフトウェア「Adobe Spark Video」:https://spark.adobe.com/about/video
(Adobe IDの取得も本URLから可能です)
なお、アプリはApp Storeからダウンロードできます。

ワークショップ言語:ドイツ語

2018年9月30日(日)14:00-15:30
名古屋大学共通教育棟C20教室
定員20名、申込〆切9月27日(木)
申込: https://goo.gl/forms/Ot6XXj50XcA6fedA2


投稿者 : teraday 投稿日時: 2018-09-03 13:49:55 (102 ヒット)

託児サービスについて
Kindertagesstätte während der Herbsttagung 2018



9月29日,30日の両日,名古屋大学東山キャンパスを会場として開催される「2018年秋季研究発表会」に際し,託児サービスを提供します。
託児期間: 9月29日(土)午前9時30分から午後6時
9月30日(日)午前9時30分から午後13時30分
託児場所: 名古屋大学東山キャンパス内
託児費用: 登録料として一会員あたり1000円
(複数人数・複数日利用しても一律)
対象年齢: 生後57日(ただし首がすわっていること)から小学校4年生まで
託児は,株式会社ポピンズに委託して行います。詳細は申込者に直接連絡いたします。
申込締切:9月9日(日)
先:kinder[at-mark]jgg.jp
なお,申し込みに際しては下記の事項をお知らせください。
1. 申込者の氏名・住所・連絡先(メールアドレス)
2. 託児を希望するお子様の人数・お名前・年齢(○歳○か月)・性別
3. 託児を希望する日時
(昼食時を含む場合、昼食は各自でご用意いただきます)
4. アレルギー等特記事項


投稿者 : teraday 投稿日時: 2018-08-22 10:02:39 (922 ヒット)

2018年秋季研究発表会プログラム



2018年秋季研究発表会プログラムに関する情報は下記PDFファイルをご覧下さい。

2018H_Programm_180822.pdf (291KB)



投稿者 : teraday 投稿日時: 2018-07-24 11:23:08 (412 ヒット)


「Prof. Dr. Ulrike Demske(ポツダム大学) 講演会のお知らせ」に関する情報は下記リンク先をご覧下さい。

>> http://www.jgg.jp/modules/organisation/index.php?content_id=423



« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 127 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009