Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : teraday 投稿日時: 2017-08-09 00:39:45 (246 ヒット)

託児サービスについて
Kindertagesstätte während der Herbsttagung 2017



9月30日,10月1日の両日,広島大学東広島キャンパスを会場として開催される「2017年秋季研究発表会」に際し,託児サービスを提供します。
託児期間: 9月30日(土)午前9時30分から午後6時
10月1日(日)午前9時30分から午後14時
託児場所: 広島大学東広島キャンパス内
託児費用: 登録料として一会員あたり1000円(複数人数・複数日利用しても一律)
対象年齢: 生後57日から小学校4年生まで
託児は,株式会社アイグランに委託して行います。詳細は申込者に直接連絡いたします。
申込締切:9月10日(日)
先: kinder[at-mark]jgg.jp
なお,申し込みに際しては下記の事項をお知らせください。
1. 申込者の氏名・住所・連絡先(メールアドレス)
2. 託児を希望するお子様の人数・お名前・年齢(○歳○か月)・性別
3. 託児を希望する日時(昼食時を含む場合、昼食は各自でご用意いただきます)
4. アレルギー等特記事項


投稿者 : teraday 投稿日時: 2017-08-04 14:41:12 (276 ヒット)

Claudia Maienborn氏講演会のご案内



阪神ドイツ文学会では、第45回語学ゼミナール招待講師Claudia Maienborn教授(Tübingen大学)をお迎えし、9月に下記の講演会を開催することになりました。ご来聴をお待ち申し上げます。



日  時:2017年9月13日(水)16:00~18:00
場  所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス1402教室

(阪急梅田駅 「茶屋町口」改札より北へ徒歩5分・アプローズタワー14階)
http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
講演題目:Eventive vs. stative Verursachung―Interpretationsoptionen der kausalen Präposition von
発表要旨:

Verursachung gehört zum Kernbestand menschlicher Kognition. Das Erschließen von Ursachen und ihren Wirkungen ist ein wichtiger Teil unseres Denkens. Entsprechend verfügen sämtliche Sprachen der Welt über reichhaltige Mittel zum Ausdruck von Verursachung. Gegenwärtige linguistische Theorien stimmen weitestgehend darin überein, Verursachung als eine Relation zwischen Ereignissen aufzufassen. Dies wird üblicherweise mittels einer primitiven Relation CAUSE (e1, e2) dargestellt, wonach das Auftreten des Ereignisses e1 das Auftreten des Ereignisses e2 bewirkt. Die Annahme von Ereignissen (im Sinne von Donald Davidson) als kausalen Relata gilt als der Standard in der aktuellen Literatur. Eine solche ereignisorientierte Perspektive hat sich als äußerst fruchtbar für die Analyse von einer Vielzahl von sprachlichen Kausalitätsphänomenen erwiesen. Allerdings vernachlässigt die Forschung bislang Fälle stativer Verursachung, die nicht diesem eventiven Muster entsprechen. Mein Vortrag zielt auf eine Schließung dieser Forschungslücke. Neben einer eventiven Verursachungsrelation werde ich für eine stative Variante argumentieren und diese unter Rekurs auf die von Friederike Moltmann vorgeschlagene ontologische Kategorie der Tropen (= partikuläre Eigenschaftsmanifestationen) rekonstruieren. Als Untersuchungsgegenstand dienen mir kausale von-Modifikatoren wie in (1). Diese treten in einer eventiven (1a/b) und einer stativen (1c) Ausprägung auf.

(1)a. Max ist müde von der Reise.
b. Max ist müde von der Pizza.
c. Der Platz ist weiß von Hagelkörnern.

Der Vortrag wird eine semantische Analyse kausaler von-Modifikatoren vorstellen, die die Gemeinsamkeiten der beiden Lesarten hervorhebt. Auf dieser Grundlage kann die kompositionale Semantik auf einen gemeinsamen Lexikoneintrag für kausales von zurückgeführt werden. Zentrale Eigenschaften kausaler von-Modifikatoren (ihr Inferenzverhalten, die holistische Interpretation bei (1c) usw.) folgen aus unabhängig begründeten Annahmen zur Ontologie von Ereignissen und Tropen und zur raumzeitlichen Fundierung von direkter Verursachung. Fälle wie (1b), wo von dem kompositional gegebenen Objekt ‘Pizza’ auf ein damit assoziiertes Ereignis z.B. des Pizza-Essens als Auslöser für die Müdigkeit geschlossen werden muss, werden als coercive Anpassungen in den kompositionalen Prozess eingebaut. Die formale Umsetzung erfolgt im Rahmen von Ashers Typenkompositionslogik. Die vorgeschlagene Analyse versteht sich als Beitrag zum Programm einer dynamischen, kontextsensitiven lexikalischen Semantik, die auf die interpretative Flexibilität sprachlicher Ausdrücke abzielt.

(※ 急な変更等はブログ http://hsgm.exblog.jp/ をご覧ください。)


投稿者 : teraday 投稿日時: 2017-07-25 23:19:50 (501 ヒット)

「Prof. Dr. Claudia Maienborn(テュービンゲン大学)講演会のお知らせ」に関する情報は下記リンク先をご覧下さい。

>> http://www.jgg.jp/modules/organisation/index.php?content_id=389



投稿者 : teraday 投稿日時: 2017-07-22 20:19:34 (401 ヒット)

会員情報の提供についての意見募集





独文学会会員のみなさま

下記の要領で会員からの意見を募集いたします。どうぞ多数の会員のみなさまのご意見をお寄せください。

1.背景
既に学会ウェブブサイトでお知らせしているとおり,2017年度は会員名簿の発行をせず,会員についての情報として,全正会員の氏名と全賛助会員の名称を記した一覧を『ドイツ文学別冊秋号』に掲載することとしました。従前の形式での次回の名簿発行は2019年秋の予定です。

これは,2017年5月27日の総会で名簿発行費を含まない予算案が承認されたことによります。その審議の際,会員についての情報を得る機会が4年に1回となってしまうのは問題ではないかというご指摘が複数の会員からあり,それを受けた対応です。

一時は,退会者のリストおよび15年名簿以降の入会者について従来の名簿の内容に準じた一覧を作成し,2017年『別冊秋号』の送付の際に同封するというような案も考えました。しかし,この案では退会者と入会者をことさらに目立つ形で示すことになる,という懸念が出されました。別冊編集日程の制約もあり,まずは別冊への全会員の氏名・名称のみの掲載を理事会で決定いたしました。

2.意見募集
以下の点についてご意見を下記アドレス宛に期限までにお寄せください。なお,別冊の会員一覧をご覧になってから改めて意見をお寄せいただいても結構です

1) 『別冊』への氏名・名称の掲載以上のさらなる措置が必要か否か
2) さらなる措置が必要とお考えの場合は,具体的な方法(提供する情報の範囲,提供の手段等)についてもご意見をお寄せください(ただし,実際に提供可能な情報は当該会員の希望する項目のみに限定されます)。

アドレス:meibo_iken@jgg.jp
期限:2017年9月25日


3.検討
いただいたご意見を踏まえて9月末に予定されている理事会で追加措置の必要性の有無,必要となった場合の具体案について検討いたします。寄せられたご意見の概要と検討結果については10月初旬に学会ウェブサイトで公表いたします。

2017年7月21日
日本独文学会理事会



投稿者 : teraday 投稿日時: 2017-07-19 15:31:55 (524 ヒット)

「ドイツ語教員養成・研修講座開講のお知らせ(2017年)」に関する情報は下記リンク先をご覧下さい。

>> http://www.jgg.jp/modules/organisation/index.php?content_id=388



« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 116 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009