Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : sugita 投稿日時: 2014-09-08 04:02:33 (5265 ヒット)

研究発表会におけるレジュメ資料の配布について



最近の研究発表会で,パワーポイント等の活用によってレジュメの配布を行わないシンポジウム,研究発表が散見されますが,これについて会員から苦情が寄せられております。パワーポイント資料の提示だけでは,研究発表の内容の論証を十分に追うことができず,また文献情報などの重要な情報が散逸してしまいがちです。

さらに教室環境にもよりますが、ポイント数が小さすぎたり、1シートに情報を詰め込みすぎたりして、画面情報が読み取れないという批判もあります(こちらについては、パワーポイントご作成の際にも十分ご配慮下さい)。

以上のような声を踏まえて,今後の研究発表会での発表の際は,要旨集とは別にレジュメの配布を義務化することにしました。これにより,一層堅実で活発な議論がなされることを期待します。



日本独文学会理事会


投稿者 : tstakeda9 投稿日時: 2013-02-08 12:31:01 (6892 ヒット)

先年お亡くなりになられた東京大学教授故岡部雄三氏の遺された図書を引き取って下さる方を探しております。個人でも図書館でも大学でも結構です。ご関心のある向きは東京大学教養学部高橋宗五までご連絡下さい。連絡先はstaka(at)chora.c.u-tokyo.ac.jp/Tel: 03-5454-6347 です。分野は宗教や哲学から文学まで幅広く洋書和書を合わせて約3600冊あります。ご関心のある向きにはリストをお送りします。ご連絡をお待ちしております。


投稿者 : tstakeda9 投稿日時: 2013-01-18 22:32:41 (6076 ヒット)

先年お亡くなりになられた東京大学教授故信貴辰喜氏の遺された図書の引き取り手を捜しております。個人でも、図書館でも、大学でも結構です。ご関心のある向きは東京大学教養学部高橋宗五までご連絡下さい。連絡先は staka_AT_chora.c.u-tokyo.ac.jp/Tel: 03-5454-6347 です。分野は辞書や言語学関係のものから文学や宗教と多岐に渡ります。ご関心のある向きには図書のリストをお送りいたします。ご連絡をお待ちしております。


投稿者 : tstakeda9 投稿日時: 2012-08-03 16:00:52 (5999 ヒット)

学会事務局の移転について

 これまで使用している学会事務局が手狭になったため,同じビルのより広い部屋である603号室をお借りすることになり、7月25日に移転いたしました。
 部屋番号以外の住所,電話番号・FAX番号等に変更はありません。
 今後郵便物等を送付する際には,新住所を記入していただけるようお願い申し上げます。

日本独文学会
(郵便番号170-0005)
東京都豊島区南大塚3-34-3南大塚エースビル603
電話・FAX 03-5950-1147


投稿者 : tstakeda9 投稿日時: 2011-03-25 15:00:29 (7832 ヒット)

Sehr geehrte Damen und Herren, liebe Kollegen,

das Erdbeben in Tohoku und Kanto, der Tsunami und der Reaktorunfall sind Katastrophen, die sich noch lange auf ganz Japan auswirken werden. Die Konsequenzen werden ebenso unsere Arbeit wie auch das Leben und Lernen unserer Studentinnen und Studenten betreffen.
Sicherlich werden einige unserer Studierenden noch einige Zeit Schwierigkeiten haben, regelmäßig zum Unterricht zu kommen. Vielleicht wird es für einige Studierende in den betroffenen Gebieten sogar schwierig sein, überhaupt zur Uni zu gelangen.
Aus diesem Anlass haben wir uns entschlossen, den Video-Deutschkurs OnlineDeutsch früher als geplant für die Öffentlichkeit zugänglich zu machen.
Der Kurs wurde mit Blick auf das japanische Curriculum erstellt. Er besteht aus 12 Einheiten und ist für PC/Mac und iPod/iPad/iPhone oder jedes andere so genannte SmartPhone geeignet. D.h. man kann den Kurs auch von zu Hause oder unterwegs machen.
Ein Kursbuch ist in Vorbereitung, aber es wird leider noch nicht bis zum Semesterbeginn zur Verfügung stehen.
Der Kurs ist momentan völlig kostenlos.
Wer bereits einen Einblick in den Kurs und auf das Lehrbuch nehmen möchte, kann das folgendermaßen tun:
Melden Sie sich im Kurs
OnlineDeutsch - Ein Blended-Learning-Videosprachkurs (Testversion)
als Gast an. Die Adresse ist:
http://online-deutsch.manabu3.com/
Wenn Sie sich entschließen, den Kurs für Ihre Studenten anzumelden, schreiben Sie für das weitere Procedere eine Mail an:
onlinedeutsch-help@mmc-ob.de
Wir werden Ihnen dann Zugang zu dem Gesamtkurs ermöglichen.

Mit freundlichen Grüßen
Oliver Bayerlein
Kazuaki Satomura
Patricia Buchner


« 1 ... 6 7 8 (9) 10 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009