オンライン状況
22 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : teraday 投稿日時: 2018-06-24 10:30:59 (855 ヒット)

学会からのメール不達問題



 近頃、学会からのメールを受信できないという問い合わせがあり、調査したところ、会員の皆さまの使用しているメールソフトの設定で、 deutsch@jgg.jprundbrief@jgg.jp を受信拒否リスト(フォルダ)に入れていたり、スパムリスト(フォルダ)に登録している方がいるらしいことが判明しました。近年、受信拒否リスト(フォルダ)やスパムリスト(フォルダ)の内容はメールサーバの方にも送付され、同じメールサーバを利用する他の方々も同様に受信拒否になることがあります。そこで、お願いです。各自、日本独文学会からのメールが受信拒否リスト(フォルダ)やスパムリスト(フォルダ)に入っていないかどうかをご確認下さい。もし入っている場合には、速やかに解除してください。
 なお、deutsch@jgg.jp は、ある時期から会員になると同時に自動的に登録されるようになっていますが、送付不要の方は koho-open AT jgg.jp 宛にその旨を書いたメールをお送り下されば、リストから外す処理を致します。よろしくご協力のほどをお願いします(AT は半角アットマークに置き換えてください)。

2018年6月
広報担当理事



投稿者 : teraday 投稿日時: 2018-06-06 10:47:02 (1003 ヒット)

2018年秋季研究発表会発表申込みの未着について



会員各位

2018年秋季研究発表会の申込みが5月21日に締め切られました(一部の分野で申込み締め切りが延長されています)。多数のお申込みをありがとうございました。
その際,学会ウェブサイトの使用しているサーバーの不調でいくつかの申し込みが申し込みML(tagung2018nagoya_AT_jgg.jp(_AT_は@))に届いていない可能性があることが判明いたしました。研究発表を希望された方には,事務局より下掲のメールで受け取りの確認が行われておりますが,このメールを受け取られていない方は,至急上記の申し込みMLまでご連絡ください。


** **様

2018年秋季研究会での口頭発表(*****)のお申込みを受付けました。
審査結果は、6月末から7月上旬に文書にてご連絡致します。

取り急ぎ、受信確認の返信をお送り致します。



2018年6月
企画担当理事




投稿者 : settsu 投稿日時: 2018-01-12 11:26:10 (1785 ヒット)

IVG パレルモ 2020の分科会が公表されました(http://ivg2020.unipa.it/)。

Bekanntgabe der Sektionen von IVG 2020 Palermo
(http://ivg2020.unipa.it/)


投稿者 : settsu 投稿日時: 2017-11-24 09:27:57 (1150 ヒット)

★「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2018年度第1回募集 
NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの
参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の
専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第1回閲覧期間   2018年3月~5月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者   大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
○募集締切    2017年12月25日
○募集研究数   放送博物館 6件、大阪放送局 3件
応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
 http://www.nhk.or.jp/archives/academic/ 


投稿者 : sugita 投稿日時: 2017-03-17 16:38:24 (1891 ヒット)

高等教育機関における外国語教育に関する要望書の提出について




文部科学省の高大接続システム改革会議は,2016年3月31日付で「最終報告」を提出しました。この「最終報告」は,グローバルな環境に対応できる若者の育成や多角的な教育評価の必要性を説いておりつつも,英語以外の外国語教育の位置付けが以前にも増して消極的・副次的なものにとどめおかれていると疑われる内容になっております。私たち日本独文学会会員の多くが高等教育機関におけるドイツ語教育に携わっており,またそうした私たちの活動の基本をなすのが複言語主義の理念であることに鑑み,これを将来の高等教育の場において実現できるような制度的配慮を求める必要があると判断しました。そこで,ドイツ語教育部会幹事会と学会理事会より推挙されたメンバーによるワーキング・グループに作成いただいた案を教育部会幹事会および学会理事会における承認手続きにかけ,2月14日付で文部科学大臣以下関係諸部局担当者宛にて当該要望書を提出いたしました。ここに公開いたします。
ご尽力いただいた皆さまにはこの場を借りてお礼申し上げます。

日本独文学会会長大宮 勘一郎
日本独文学会ドイツ語教育部会長中川慎二



« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009