オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : teraday 投稿日時: 2019-04-15 09:52:30 (1151 ヒット)


2019年春季研究発表会プログラムに関する情報は下記PDFファイルをご覧下さい。

2019F_Programm_190415.pdf (836KB)



投稿者 : teraday 投稿日時: 2019-04-14 11:18:14 (138 ヒット)

託児サービスについて
Kinderbetreuung während der Frühlingstagung 2019



2017年以降総会・春季研究発表会開催期間中の託児サービスは,以前の会場校の施設を使った託児に代わって,一時保育等をご利用いただき,その利用料金を学会が補助するという形で行っております。
補助金ご希望の方は以下の要領に従いお申し込みください。
託児場所:自宅近くなど都合の良い一時保育施設をご利用ください。自宅でのベビーシッター等の利用も可能です。遠方の方は下記申し込み先までなるべく早めにご相談ください。
託児期間:6月8日(土)9:30~18:00,6月9日(日)10:00~13:00および託児場所と学会会場の往復に必要な時間
託児費用:学会が補助金として負担します。妥当な料金の施設の利用をお願いいたします。
対象年齢:利用する託児施設の定めるところによります。ただし小学校4年生までに限ります。
 
申込締切:5月24日(金)
先:kinder[at-mark]jgg.jp
申し込みに際しては下記の事項をお知らせください。
1. 申込者の氏名・住所・連絡先(メールアドレス)
2. 託児利用日,時間,託児場所と学会会場の間の所要時間
3. 利用する施設の名称・住所・電話番号
4. 託児料金の見積もり(メールのコピー等で結構です)
利用後に領収書を提出していただき,それにもとづき補助金を支給します。

※2017年1月28日の日本独文学会理事会決定にもとづき,今後は可能であれば補助金方式で託児サービスを運営することにいたします。秋季研究発表会に際して開催地の託児施設を紹介できない場合は,従来どおり学会会場に託児施設を設ける予定です。春季 [東京ないし近郊で開催] に際しては,遠方に居住の方がご自分で託児施設を見つけられない場合,ご相談に応じます。



投稿者 : settsu 投稿日時: 2019-04-12 09:15:30 (407 ヒット)

アレクサンダー・フォン・フンボルト財団主催のシンポジウムが開催されます。
Alexander von Humboldt Foundation フンボルトコレーク東京, 2019
国際シンポジウム「神経系人文学と経験美学」
日時:2019年5月18日(土)〜19日(日)
会場:東京大学駒場キャンパス 21 KOCMEE east B1F-011                                       
主催:アレクサンダー・フォン・フンボルト財団
開催委員:坂本泰宏、田中純、竹峰義和、クリスティーネ・A・クノープ
プログラム: https://humboldtkolleg.wordpress.com/programm/
入場無料 要事前申し込み
一般参加登録リンク:https://humboldtkolleg.wordpress.com/anmeldung/
座席数に制限があります。申し込み多数の場合は先着順です。
 
備考:事前告知の際にお申し込みくださった方は改めて申し込みいただく必要はありません。
 
基調講演:
Frank Fehrenbach(ハンブルク大学)
Winfried Menninghaus(マックス・プランク経験美学研究所)
小田部胤久(東京大学)
 
登壇予定者 (A-Z):
Sibylle Baumbach(シュトゥットガルト大学)
Katja Doerschner-Boyaci(ギーセン大学)
古谷晋一(SONY Computer Science Lab.)
稲賀繁美(日文研・総合研究大学院大学)
伊藤秀一(中央大学)
梶谷真司(東京大学)
Christine A. Knoop(マックス・プランク経験美学研究所)
粂川麻里生(慶應義塾大学)
森元庸介(東京大学)
森田團(西南学院大学)
岡本和子(明治大学)
大宮勘一郎(東京大学)
小澤京子(和洋女子大学)
Tim Otto Roth(imachination projects)
Yasuhiro Sakamoto(マックス・プランク経験美学研究所)
Massimo Salgaro(ヴェローナ大学)
杉山卓史(京都大学)
竹峰義和(東京大学)
田中純(東京大学)
戸梶亜紀彦(東洋大学)
Eugen Wassiliwizky(マックス・プランク経験美学研究所)


投稿者 : hirokokitahara 投稿日時: 2019-04-09 09:02:33 (235 ヒット)

 同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部では、ドイツ語専任教員1名の公募を
行っています。詳細は同志社大学のHPならびにJREC-INの求人公募情報をご覧ください。
https://www.doshisha.ac.jp/doshisha/recruit/gc.html


投稿者 : teraday 投稿日時: 2019-03-20 20:28:05 (1010 ヒット)


第16回日本独文学会学会賞選考結果に関する情報は下記リンク先をご覧下さい。

http://www.jgg.jp/modules/organisation/index.php?content_id=434


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 11 »
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009