日本独文学会広報委員会からのお願い

投稿日時 2008-12-03 08:59:56 | カテゴリ: (3)長期掲載情報


日本独文学会広報委員会からのお願い

 最近、学会メールマガジンRundbriefを学会員の方に送信したところ、スパムメールと誤認され、
担当者にリターンメールが送られるケースが増えております。

 これに該当すると思われるのは、以下の方です:

1) メールアドレスを変更していないにもかかわらず、以前は届いていたRundbriefが届かなくなった方。
2) 日本独文学会入会後もRundbriefが届かない方。(新入会の方は、事務局にご連絡のメールアドレスが、
  自動的に学会メールマガジンRundbriefおよび学会メーリングリストDeutschに登録されます。)

 また、その原因として考えられるのが、以下の点です:

・ 大学などの所属機関のメールサーバーが導入しているスパムメール対策のシステム、ソフトなどが、
  学会からのメールをスパムメールと誤認し、ブロックしている。(現在、広報委員会が確認しているのは、
  Barracude Reputation Systemです。)
・ パソコンにインストールされているスパムメール対策ソフトやメーラーなどが、学会からのメールを
  スパムメールと誤認し、ブロックしている。

 上記、1) または2) に該当する方は、以下のアドレスがスパムメールとしてブロックされないように、
所属機関のサーバーにご連絡いただくか、またはパソコンにインストールされているソフトの設定などを
変更していただくよう、お願いいたします。

    Rundbriefのアドレス:  rb-verwalter[at]jgg.jp
    Deutschのアドレス:   deutsch[at]jgg.jp
([at]は、@です)


 なお、技術的な点に関しては、広報委員会ではサポートできません。あらかじめ、ご了承ください。

2008年12月3日
日本独文学会広報担当理事
保阪 靖人





Japanische Gesellschaft für Germanistikにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.jgg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.jgg.jp/modules/neues/index.php?page=article&storyid=470