<阪神ドイツ文学会>Reinhard Kaiser-Mühlecker氏朗読会のご案内

投稿日時 2017-10-20 08:39:44 | カテゴリ: (1)学会からのお知らせ

阪神ドイツ文学会ではオーストリア現代文学ゼミナール招待作家Reinhard Kaiser-Mühlecker氏をお迎えし、11月に下記の朗読会を開催することになりました。ご来聴をお待ち申し上げます。

日時:11月7日(火)18:30~20:00 
場所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス1404教室
(阪急梅田駅 「茶屋町口」改札より北へ徒歩5分・アプローズタワー14階)
http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
朗読作品:Fremde Seele, dunkler Wald
※ 急な変更等は公式ブログ http://hsgm.exblog.jp/ でお知らせします。

また、以下の共催講演会についてもお知らせいたします。
関西学院大学言語教育研究センター主催講演会
Gaby Herchert教授(Duisburg-Essen 大学)
日時:11月16 日(木)11:10~12:40 
場所:関西学院大学G号館222教室
題目:“... das man Kinder zur Schulen halten solle...“ Zu Luthers Einfluss auf Lesefähigkeit, Bildung und Schule
講演要旨:
Luther gilt gemeinhin als Vorreiter einer einheitlichen deutschen Sprache, der die Lesefähigkeit und die allgemeine Schulbildung des Volkes maßgeblich befördert hat. Diese Aspekte werden unter einer kulturhistorischen Perspektive genauer beleuchtet und hinterfragt.




Japanische Gesellschaft für Germanistikにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.jgg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.jgg.jp/modules/neues/index.php?page=article&storyid=1781