2017年ドイツ語論文執筆ワークショップ開催のご案内

投稿日時 2017-09-02 20:47:00 | カテゴリ: (1)学会からのお知らせ

2017年ドイツ語論文執筆ワークショップ開催のご案内


ドイツ語論文執筆ワークショップを下記の通り開催いたします。参加を御希望の方は、10月15日までに申込フォーム(http://www.jgg.jp/pdf/updata/2017年申込フォーム.docxより入手)にてお申し込みください。ドイツ語論文執筆に御関心のある若手・中堅研究者を中心に皆様の参加をお待ちしています。
時:2017年12月9日(土)13:30 – 18:00、12月10日(日)10:00 – 16:00
所:立教大学池袋キャンパス14号館D402教室(12月9日)、同キャンパス14号館D601教室(12月10日)
師:井出万秀、生駒美喜、縄田雄二、Markus Rude、Manuel Kraus
象:独文学会員で大学学部・大学院在学者、常勤職をもたない若手・中堅研究者が中心(常勤職をもつ学会員も可)
費:学会員2000円、非学会員3000円(学生・院生・常勤職をもたない遠方の参加者には若干の旅費の補助があります)
員:40名程度
申込締切:2017年10月15日(日)(レジュメ・論文提出の締切は10月31日)
参加申込:http://www.jgg.jp/pdf/updata/2017年申込フォーム.docxより入手した申込フォームに必要事項を記入の上、添付ファイルを下記アドレス宛にお申し込みください。
メールアドレス:ws_anmeldung[at-mark]jgg.jp

 ワークショップでは、ドイツ語論文・著書執筆経験者による二つの講演を挿みながら、参加者が提出したドイツ語レジュメ・論文(レジュメ2頁程度、論文15頁以内)を具体例として議論を進めます。
 レジュメ・論文を提出していただいた方が、より有意義な参加となりますが、レジュメ・論文提出なしの参加も歓迎です。
 また、参加者にはドイツ語レジュメ・論文フレーズ集を優先的に配布いたします。


2017年ドイツ語論文執筆ワークショップ実行委員会
齋藤萌、二藤拓人、林嵜伸二

問い合わせ:ws_info[at-mark]jgg.jp





Japanische Gesellschaft für Germanistikにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.jgg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.jgg.jp/modules/neues/index.php?page=article&storyid=1765