オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

(2)掲載依頼情報
(2)掲載依頼情報 : <京都大学 人間・環境学研究科>「人事の公募」案内
投稿者 : settsu 投稿日時: 2020-03-06 09:00:00 (551 ヒット)

【京都大学 大学院人間・環境学研究科 共生文明学専攻 現代文明論講座 文明構造論分野 (教授または准教授) 公募】
     2020年2月28日

職種 教授または准教授
募集人員 1名
所属および勤務場所 教員組織:京都大学人間・環境学系
教育研究組織:京都大学大学院人間・環境学研究科 共生文明学専攻 現代文明論講座 文明構造論分野(所在地:京都市左京区吉田二本松町)
専門分野 ドイツ語圏の文学研究および精神史研究
担当授業科目など 下記の授業科目(いずれも原則として半期科目)および論文指導
(1) 大学院 人間・環境学研究科:文明相関論、文明相関論演習など
(2) 総合人間学部:文明構造論、文明構造論演習など
(3) 全学共通科目:ドイツ語Ⅰ(初級)、ドイツ語II(中級)合計して前・後期各4コマ
着任時期 2021年4月1日
応募資格 次のすべての条件を満たすこと
(1) 専門分野における博士の学位を有するか、またはこれと同等の研究業績を有すること
(2) 専門分野における十分な研究遂行能力を有すること
(3) 大学院・学部での教育・指導を行う能力を有するとともに、これに積極的に取り組み大きく貢献できること
(4) 全学共通科目の担当や学内諸業務を熱意と責任感を持って行う能力を有すること
(5) 大学におけるドイツ語もしくはドイツ語関連科目の教育歴を有することが望ましい
(6) 本学におけるドイツ語教育に積極的に取り組み大きく貢献できること
(7) 日本語母語話者でない場合は、教育や学内諸業務を担うに十二分な日本語運用能力を有すること
勤務形態 常勤(任期なし)、専門業務型裁量労働制(週38時間45分相当、1日7時間45分相当)
休日:土・日曜日、祝日、年末年始、創立記念日、夏季一斉休業日
給与・手当等 本学支給基準に基づき支給
試用期間 あり(6か月)
社会保険等 文部科学省共済組合、厚生年金、雇用保険及び労災保険に加入
提出書類 (1) 履歴書 6部:様式自由。高等学校卒業以降の学歴・職歴を記載。電話番号・電子メールアドレス、
所属学会も記載
(2) 研究業績一覧 6部:著書(単著)、著書(共著)、論文(査読あり)、論文(査読なし)、その他に分け、発表順に記載。出版予定のものには、出版証明書等を添える。
(3) 主たる研究業績5点 6部:抜き刷り・コピー可。各5点ともに200〜400字程度の日本語要約を付ける。
(4) これまでの研究概要と今後の研究計画 6部:日本語2,000字程度
(5) 学部・大学院の専門教育に関する実績および抱負 6部:日本語2,000字程度
(6) これまでのドイツ語教育に関する実績、および本学でのドイツ語教育への貢献の展望 6部:ドイツ語1,000語程度およびその日本語訳
(7) 科学研究費補助金等の競争的資金の獲得状況 6部
(8) 応募者について照会可能な方2名の氏名・連絡先 1部
*提出書類は原則として返却しませんが、著書・博士論文等については申し出があれば着払いにて返送します。
書類送付先 〒606-8501 京都市左京区吉田二本松町 京都大学大学院人間・環境学研究科長宛
*提出方法は郵送(書留便)もしくは宅配便に限ります。封筒または封緘した包みの表に「現代文明論講座(文明構造論分野)ドイツ語教員応募書類在中」と朱書きし、送付のこと。
応募締め切り 2020年6月1日(月) 必着
選考方法 提出書類に基づいて選考します。選考の過程で面接を行うことがあります。その際の旅費・滞在費等は応募者の自己負担とします。また、面接の際に模擬授業をしていただく場合があります。選考結果は、最終決定の後に通知します。
問合せ先 京都大学大学院人間・環境学研究科 現代文明論講座 細見和之
E-mail: hosomi.kazuyuki.2c*kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください。)
なお、電子メール以外による問い合わせは受け付けません。
男女共同参画 京都大学は男女共同参画を推進しています。女性研究者の積極的な応募を期待します。
その他 提出して頂いた書類は、採用審査のみに使用します。
正当な理由なく第三者へ開示、譲渡および貸与することは一切ありません。
人間・環境学研究科については下記のwebページをご覧ください。
http://www.h.kyoto-u.ac.jp/

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009