オンライン状況
31 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 31

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

(2)掲載依頼情報
(2)掲載依頼情報 : <早稲田大学総合研究機構 オペラ/音楽劇研究所>2019年度2月研究例会のご案内
投稿者 : nakamurah 投稿日時: 2019-11-26 09:00:00 (70 ヒット)

▼2019年度2月研究例会(第187回オペラ研究会)
◇日時 / Date: 2020年2月1日(土)16:30-18:00 / February 1st (Sat.), 2020, 16:30-18:00

◇会場 / Venue: 早稲田大学早稲田キャンパス3号館606教室 /
The 606th Room of the 3rd Building, Waseda University, Waseda Campus
※キャンパスマップ / Campus Map
https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

◇発表者 / Presenter:萩原 里香/ HAGIHARA, Rika

◇所属・資格 / Affiliation, Position:東京藝術大学教育研究助手、武蔵野音楽大学非常勤講師/ Adjunct Education and Research Assistant at Tokyo University of the Arts, Adjunct Instructor at Musashino Academia Musicae

◇題目 / Title:宮廷外芸術活動「アッカデーミア」について

◇言語 / Language:日本語 / Japanese

◇概要:
「アッカデーミア(アカデミー)」とは、15世紀後半よりイタリアの各都市にみられた、貴族を中心とする知識人たちの集まりであり、その都市の文化の発展に少なからず貢献した。彼らの関心には、絵画や古代の著作、雄弁術、演劇、そして音楽などが含まれていた。オペラ史において重要なのは、ルネサンス末期に古代ギリシア悲劇の再興をめざしたフィレンツェの「カメラータ」がまず挙げられるが、それのみならず、マントヴァの「アッカデーミア・デッリ・インヴァギーティ」、フェッラーラの「アッカデーミア・デッリ・イントレーピディ」、そしてヴィチェンツァの「アッカデーミア・オリンピカ」などがある。本発表は、17世紀イタリア中北部で活動していた「アッカデーミア」を対象に、各都市での彼らの音楽文化への貢献、とりわけ音楽劇にかかわる活動を考察し、宮廷内のみに注目されがちな当時の音楽芸術の在り方を新たな視点で検証しようとするものである。

◇発表者プロフィール / Profile of Presenter:
東京藝術大学大学院 音楽文芸博士課程修了。博士(学術)。2011~2013年、イタリア政府給費奨学生としてボローニャ大学へ留学。主な研究領域は、17世紀北イタリアにおける音楽劇について。共著『キーワードで読む オペラ/音楽劇研究ハンドブック』(アルテスパブリッシング、2017年)。論文「『作曲家』エミーリオ・デ・カヴァリエーリ再考」(『プロジェクト研究』12、2017年)他。東京藝術大学教育研究助手、武蔵野音楽大学他非常勤講師。

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所
Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organisation, Waseda University:
http://www.waseda.jp/prj-opera-mt/

e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp  ( [at] = @)
※研究例会の情報は、後刻 Facebookと Twitterにも掲載されますので、そちらでもご確認いただけます。This information will be sent later by Facebook and Twitter, and you can see it in them, too.

次回例会開催予定日:2020年4月11日(土)/ April 11th (Sat.), 2020

発表者 / Presenter:佐藤英 SATO, Suguru 柳下恵美 YAGISHITA, Emi

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009