オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

(2)掲載依頼情報
(2)掲載依頼情報 : <ゲーテ・インスティトゥート東京>女たちの歳月 - ドイツ語圏における現代の女性作家たち
投稿者 : settsu 投稿日時: 2019-11-15 09:00:00 (114 ヒット)

「ダブルス・トーク - 現代文学の紹介」では、ドイツ語圏の有名な作家たちの作品を紹介。ドイツ文学翻訳者の松永美穂(早稲田大学教授)がゲストに浅井 晶子(翻訳家)を迎え、作品の解説や解釈のヒントなどの話を交えつつドイツ文芸作品を取り上げる。両氏の対談は日本語で行われる。

今回のダブルストークでは、ユーディト・タシュラーの『国語教師』とマーレーネ・シュトレールヴィッツの『誘惑。』を中心とした、同時代の女性作家たちの作品を取り上げる。夫もしくは恋人に捨てられ、長い苦悩の果てに自分の道を見出す女性たちが登場するこれらの作品において、「家族」や「仕事」はどのような役割を果たしているのだろうか。作品に登場する女性たちの考え方や行動は、日本の女性とは異なるのだろうか。
さらに、ベルンハルト・シュリンクの『オルガ』の主人公オルガや、ユーディット・ヘルマンやシャーロッテ・リンクの描く女性像も取り上げる。自己実現という言葉は、作中の女性たちにとってどのような意味を持っているのか。これらの作品は現実を忠実に写しだしているのだろうか。その際、どのような社会批判が含まれているのか。ドイツ語圏と日本の社会には、どんな共通点と違いがあるのかといったテーマについても考察しトークを繰り広げる。


松永美穂
早稲田大学文化構想学部教授。訳書に、マーレーネ・シュトレールヴィッツの『誘惑。』、『ワイキキ・ビーチ。―ワイキキ・ビーチ。/スローン・スクエア。』、ベルンハルト・シュリンク『朗読者』、『オルガ』、ユーディット・ヘルマン『夏の家、その後』、『幽霊コレクター』ほか多数。

浅井晶子
翻訳家。訳書に、ユーディト・タシュラーの『国語教師』、トーマス・ブルスィヒ『太陽通り』、ユリア・フランク 『真昼の女』、エマヌエル・ベルクマン『トリック』ほか多数。
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/tok/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=21633853


In der Veranstaltungsreihe „Gemischtes Doppel –zeitgenössische Literatur im Porträt“, werden Werke bekannter deutschsprachiger Autoren dem japanisch-sprachigen Publikum vorgestellt. Die Präsentation und Moderation erfolgt durch die renommierte Übersetzerin Prof. Miho Matsunaga (Waseda Universität) und ihrem Gast Shoko Asai (Übersetzerin).

In diesem Doppelgespräch werden die Werke von zeitgenössischen Autorinnen untersucht, besonders “Die Deutschlehrerin” von Judith Taschler und “Verführungen.” von Marlene Streeruwitz. In beiden Büchern tauchen Frauen auf, die von ihrem Mann oder Geliebten verlassen wurden und nach langer Kummer ihren eigenen Weg finden. Welche Rolle spielen “Familie“ und “Beruf” dabei, denken und handeln diese Frauen anders als Japanerinnen? Auch weitere Frauenfiguren wie von Olga in Bernhard Schlinks “Olga”, oder Protagonistinnen in Büchern von Judith Hermann und Charlotte Link werden beleuchtet, was das Wort “Selbstverwirklichung“ für sie bedeutet, ob diese Werke getreue Widerspiegelung von Realität sind und wo scharfe Kritik liegt. Und ob in der deutschen und japanischen Gesellschaft viele Gemeinsamkeiten zu finden sind.


Prof. Miho Matsunaga
Übersetzerin von “Verführungen.” und “Waikiki Beach / Sloane Square” von Marlene Streeruwitz, “Vorleser”und “Olga” von Bernhard Schlink, “Sommerhaus später” und “Nichts als Gespenster” von Judith Hermann und von viel anderen mehr.

Shoko Asai
Übersetzerin von “Die Deutschlehrerin”von Judith Taschler, “Sonnenallee” von Thomas Brussig, “Die Mittagsfrau” von Julia Frank, “Der Trick” von Emanuel Bergmann und von viel anderen mehr.
https://www.goethe.de/ins/jp/de/sta/tok/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=21633853

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009