オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

(2)掲載依頼情報
(2)掲載依頼情報 : <山口遥子(東京藝術大学)>国際シンポジウム「ファウストの文化史」
投稿者 : nakamurah 投稿日時: 2019-09-17 09:00:26 (298 ヒット)

2019年10月27日、東京藝術大学音楽学部4号館第6ホールにて、国際シンポジウム「ファウストの文化史」を開催します。

16世紀の民間伝説にうまれ、民衆劇の中で長いときを過ごし、レッシングやゲーテによって大きく育てられた「ファウスト」のものがたり。文学のみならず、音楽・美術・ポピュラーカルチャー等、これまでさまざまな芸術分野の素材となり、いまでも新たな解釈を生み出し続けています。

このシンポジウムでは、ヨーロッパ文化史・日本文化史において芸術家を触発し続け、いまも進化・変容し続けているダイナミックな素材としての「ファウスト」について、美学、美術、音楽、演劇、文化史の専門家にお話し頂きます。

学術発表のみならず、チェコを代表する人形劇団を招いて、歴史的台本に基づく現代版『ヨハネス・ドクトル・ファウスト』人形劇の実演も併せて行います。理論と実践の両方面から「ファウストの文化史」を探る、世界的にも貴重な機会です。専門家のみならず、学生・一般の方の来聴を歓迎します。

◆国際シンポジウム「ファウストの文化史」
International Symposium, A Cultural History of Faust / Internationales Symposium, Faust – Eine Kulturgeschichte

◆日時: 2019年10月27日(日)11:30-20:00
Date: 27.10. 2019, Sun. 11:30-20:00

◆会場: 東京藝術大学音楽学部 4号館第6ホール
Place: Tokyo University of the Arts, Music School, Building 4, Hall 6

◆開催組織:
Organization:

主催 山口遥子(東京藝術大学)
Organizer: Yoko Yamaguchi (Postdoctoral Researcher/ Tokyo University of the Arts, School of Fine Arts)

助成 チェコ共和国文化省、吉野石膏美術振興財団、科学研究費、チェコセンター東京
Financial support: Czech Ministry of Culture, Yoshino Gypsum Art Foundation, Grant-in-Aid for Scientific Research (Japan Society for the promotion of Science), Czech Centre Tokyo

協力 ピルゼン市立アルファ人形劇場、人形劇団プーク、チェコ国立フィルムアーカイブ
Cooperation: Divadlo Alfa, Puppet Theatre PUK, National Film Archive of Czech Republic

◆問い合わせ
ホームページ
https://deku.webnode.jp/
メールアドレス
yoko.schreibt[at-mark]gmail.com

◆プログラム
Program

11:30-  開催挨拶
Opening remarks on the symposium

(第一部)(Session I)
司会:高橋輝暁(立教大学)
Chair: Prof. Dr. Teruaki Takahashi (Rikkyo University)

11:45- 小田部胤久(東京大学)
Prof. Dr. Tanehisa Otabe (University of Tokyo)
「民衆の発見と芸術の誕生」
"The Discovery of the Folk and the Genesis of Art"

12:15- カルステン・ローデ(中国/中山大学)
Prof. Dr. Carsten Rohde(Sun Yat-sen University, CHINA)「19世紀におけるファウストのメディア史」
"The Media History of Faust in the 19th Century"

12:45-  佐藤直樹(東京藝術大学)
Prof. Dr. Naoki Sato (Tokyo University of the Arts)
「ペーター・フォン・コルネリウスによる『ファウスト』の挿絵について」
"The Illustrations to Goethe's Faust by Peter von Cornelius"

13:15 - 13:45 質疑応答 Discussion

13:45 - 14:45 昼休憩 Lunch Break

(第二部)(Session II)
司会:大角欣也(東京藝術大学)
Chair: Prof. Dr. Kinya Osumi (Tokyo University of the Arts)

14:45- 堀朋平(西南学院大学)Dr. Tomohei Hori (Seinan-gakuin University)
「ファウスト、悲劇、シューベルトーーオーストリアでの受容」
"Faust, Tragedy and Schubert: Faust-reception in Austria"

15:15- 上田泰史(一橋大学)Dr. Yasushi Ueda (Hitotsubashi University)
「Ch. V. アルカンの〈ファウストの如く〉:フランス・ロマン主義の英雄としてのファウスト」
"Ch. V. Alkan's 'Quasi Faust': Faust as a Hero of French Romanticism"

15:45 - 16:15 質疑応答 Discussion

16:15 - 16:45 コーヒー休憩 Coffee Break

(第三部)(Session III)
司会:山口遥子(東京藝術大学)
Chair: Dr. Yoko Yamaguchi (Tokyo University of the Arts)

16:45-17:15 山口遥子(東京藝術大学)
Dr. Yoko Yamaguchi (Tokyo University of the Arts)
「ファウストと日本人形劇のモダニズム」
"Faust and the Modernism of Puppetry in Japan"

17:15-17:45 カテジナ・レシュコヴァ―(チェコ/プラハ芸術アカデミー・『Loutkář』編集長)
Mgr. Kateřina Lešková Dolenská, Ph.D.(The Academy of Performing Arts in Prague; Loutkář Editor-in-chief)
「人形遣いの手によるファウスト博士伝説の変容」
"Metamorphoses of the Legend of Dr Faust in the Hands of Puppeteers"

17:45-18:15 質疑応答 Discussion

18:15-18:45 コーヒー休憩 Coffee Break

18:45-19:15  チェコ国立フィルムアーカイブ所蔵・ファウスト人形劇映像上映
Screening of the film of puppet theatre Faust, from the collection of Czech National Film Archive

19:15-19:45 アルファ劇場 『ヨハネス・ドクトル・ファウスト』上演
Puppet Theatre "Johanes Doktor Faust" / Divadlo Alfa

20:00 閉会 Closing of the symposium

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009