オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

(2)掲載依頼情報
(2)掲載依頼情報 : <トーマス・マン研究会>トーマス・マン研究会のご案内
投稿者 : settsu 投稿日時: 2018-11-02 09:02:04 (113 ヒット)

皆さま

台風で延期された第117回研究会を下記のとおり行います。参加希望の方は、12月8日までに事務局にご連絡ください。

小黒康正

……………………………………………………………………………………………………………..


第117回トーマス・マン研究会のご案内(案)

日 時: 
2018年12月15日(土)14:30~

場 所: 
西南学院大学(学術研究所1階 第2会議室)にて
アクセスマップ:
http://www.seinan-gu.ac.jp/access/access.html
http://www.seinan-gu.ac.jp/campusmap.html


14:30~16:00
発表1:糸瀬龍 氏(首都大学東京・非)
「第一世界大戦を挟んだバトンパス――エルンスト・ユンガーの作品をアルフレート・クビーンの後継とすることの妥当性をはかる試み」〔仮題〕

16:15~17:45
発表2:中島邦雄 氏(水産大学校) 
「生きた時間」と「死んだ時間」――F・G・ユンガーの『技術の完成』にみられるエコロジーをめぐって――

18:30~
懇親会: 
場所未定(当日、ご案内いたします)

出 欠: 
参加希望の方は、12月8日までに事務局にご連絡ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 お名前:
 研究会  参加・不参加
 懇親会  参加・不参加
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


その他:
1. 本会について
本会は、平成元年に数名の若手マン研究者が、池田紘一氏(九州大学名誉教授)のもとに参集、その後、年に4回のペースで、マンを中心に近現代ドイツ文学に関する研究活動を行っています。

2. 発表募集
研究発表の募集は、会員以外の発表を含め、随時行っています。発表希望者は事務局まで早目にご相談ください。

3. 旅費補助
本会は、遠隔地から参加する常勤職のない若手研究者に対して、旅費補助を行っています。併せて事務局までご相談ください。

4. 今後の開催予定
第118回研究会 2019年 3月 福岡大学
第119回研究会 2019年 6月 九州大学
第120回研究会 2019年 9月 西南学院大学
〔研究発表の希望者は早目に事務局にご一報ください〕

事務局: 
〒819-0395 福岡市西区元岡744
九州大学文学部独文学研究室
トーマス・マン研究会事務局
小黒康正(E-mail: oguro[at-mark]lit.kyushu-u.ac.jp

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009