オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

(2)掲載依頼情報
(2)掲載依頼情報 : <日本学術振興会科研費・基盤B「東欧文学の多言語的トポスをめぐる研究」>国内シンポジウムのご案内
投稿者 : hirokokitahara 投稿日時: 2018-09-18 09:00:01 (137 ヒット)

シンポジウム「東欧文学の多言語的トポス:複数言語使用地域の創作をめぐる求心力と遠心力」

日時:2018年10月6日(土)10:00-18:20

場所:東京大学本郷キャンパス 法文1号館113教室



プログラム

10:00-10:15 挨拶

10:20-11:50   規範の形成

「ボヘミアにおける文学史の系譜」阿部賢一(東京大学)

「ボヘミアにおけるドイツ語文学史記述」三谷研爾(大阪大学)

コメンテーター:楯岡求美(東京大学)


13:00-15:00  辺境地域における文化活動

「〈周縁〉と〈カノン〉――ルーマニア領ブコヴィナのユダヤ系ドイツ語詩人たちとゲーテ」藤田恭子(東北大学)

「ワルシャワの亡命ロシア」小椋彩(東洋大学)

「分裂と統合のディレンマ:カシュブ文学の事例より」野町素己(北大スラブ・ユーラシア研究センター)

コメンテーター:三田順(北里大学)


15:10-17:10  流通するイメージ・概念・ことば

「シレジアのイメージの変容――ポーランド語圏を中心に」井上暁子(熊本大学)

「ベラルーシと極東における中国イメージの比較」越野剛(北大スラブ・ユーラシア研究センター)

「1930年代ポーランドのユダヤ系前衛作家の共通言語/普遍言語の探求ー―デボラ・フォーゲルとブルーノ・シュルツ」加藤有子(名古屋外国語大学)

コメンテーター:安達大輔(北大スラブ・ユーラシア研究センター)


17:20-18:10  総合討論

18:10-18:20 結び

主催:日本学術振興会科学研究費助成事業・基盤B「東欧文学の多言語的トポスをめぐる研究」(H27-H30、代表者:井上暁子)

共催:東京大学人文社会系研究科現代文芸論研究室

問い合わせ先:stinoue@kumamoto-u.ac.jp

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009