Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 新しい情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

(1)学会からのお知らせ
(1)学会からのお知らせ : 会員名簿について
投稿者 : teraday 投稿日時: 2017-07-07 00:00:00 (597 ヒット)

会員名簿について





通例によれば、2017年は名簿刊行の年に当たりますが、理事会は名簿発行の頻度をこれまでの2年に1度から4年に1度にすることを考え、名簿作成費を含まない2017年度予算案を5月27日の総会に提案いたしました。質疑および討論の後、採決が行われ、予算案は賛成多数で承認されました。

総会の席では、だれが会員であるかについての情報が4年に1回しか得られないのは問題であるとの意見が複数の会員より出されました。理事会ではそれを受け、次のような形で対応することを決定しました:


2017年『別冊秋号』に2017年7月1日現在の正会員全員の氏名および全賛助会員の団体名のみのリストを掲載する。


また,それ以上の追加措置が必要であるか会員の意見を募ります。その結果を受けて,広島学会に合わせて開催される理事会で検討,決定したいと考えています。意見募集のページはこちらです。

なお、名簿の発行間隔の見直しは学会財政の全般的な逼迫に関連して行うものです。日本独文学会の会員数は、1996年2650名をピークに2002年に2494名、2012年1957名と漸減を続け、2017年は1720名となっています。ここ5年間では平均して毎年40名以上減少しています。このような状況の中で、また各種補助金についても不安定要素がある中で、学会の研究活動を実質的に低下させることなく維持してゆくために財政上のさまざまな方策を模索してゆかなければなりません。会員のみなさま方のご理解をお願いいたします。


(文責 清野智昭)


印刷用ページ このニュースを友達に送る

Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009