Japanische Gesellschaft für Germanistik
カテゴリ一覧
 
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが コラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

安岡 正義(大分大学)
 文科省の大学設置基準の大綱化以降、多くの大学で外国語にかかわる教員や必修単位数などの削減が行なわれたようです。この削減を良しとするわけでは決してないにせよ、これに関して大分大学の事例をご紹介し、ドイツ語教育の効果について以下に私見を述べてみます。

...続きを読む

  • 閲覧 (4747)

国際日本学への貢献(S.Itoda)[J]

カテゴリ : 
理事のリレーエッセイ
  投稿日: 2006-4-10 0:02
井戸田総一郎(明治大学)
私が勤務している明治大学文学部とウィーン大学人文学部は2001年から毎年、場所を東京とウィーンで交互に変えながらシンポジウムを開催しています。総合テーマは「東京とウィーン-日常と余暇」で、今年3月初めに行われた分も含めてこれまで5回にわたって、文学・演劇学・歴史学・社会学等の専門領域から若手研究者も含めた学際的シンポジウムを組織してきました。組織の中心になっているのは、文学部ドイツ文学専攻とウィーン大学側は日本学専攻ですが、これまでにウィーンからはセップ・リンハルト氏を初めとする日本学のメンバー以外に、ゲルマニストのヴェンデリン・シュミット-デングラー氏、演劇学のブリギッテ・マルシャル氏、歴史学のフランツ・エーダー氏等が参加しています。明治大学の側でも、ドイツ・オーストリア文学関係以外に、前歌舞伎学会会長の原道生氏、歴史学の山田朗氏等が講演を行いました。

...続きを読む

  • 閲覧 (4259)
新野 守広(立教大学)
 2006年3月末にドイツ関連の二つの舞台公演がありました。ひとつはベルリン・ドイツ座の来日公演『エミーリア・ガロッティ』(彩の国さいたま芸術劇場と山口情報芸術センター)、もうひとつはベルリンで活躍する演出家ルネ・ポレシュが日本人俳優に客演出した『皆に伝えよ! ソイレント・グリーンは人肉だと』(tpt制作、ベニサン・ピット)です。この原稿を書いている現在、東京江東区のベニサン・ピットでの公演ははじまったばかりです。

...続きを読む

  • 閲覧 (7648)
浜崎桂子(Hamazaki Keiko 神戸市外国語大学)
例年にない寒さの厳しい冬の空を眺めていると、過ぎし夏の晴れ渡ったパリの空は、ずいぶん遠い過去のことのように思われる。(これは、筆者の怠慢でこのコラムを書くのがずいぶん遅くなってしまったためなのだが。関係のみなさま、ごめんなさい。)

...続きを読む

  • 閲覧 (5095)
平田栄一朗(慶應義塾大学)
 二〇〇五年のバイロイト音楽祭で『トリスタンとイゾルデ』を演出したクリストフ・マルターラーは押しも押されもせぬ巨匠である。一九九三年の『ヨーロッパ人をやっつけろ』(ベルリン・フォルクスビューネ劇場制作)以来、次々と話題作を発表し、いまやドイツ語圏を代表する演出家の一人となった。マルターラー演劇の真骨頂は、少数派の好事家をうならせる実験的な上演に挑戦しているのに、一般客にも人気があることである。物語性はほとんどなく、台詞は断片的で意味不明、身振りと劇の進行は緩慢、しかも俳優たちは上演中に眠ったように動かなくなる…。非劇的な要素を大胆に舞台化しているのに、観客は退屈するどころか哄笑し、舞台に引き込まれる。マルターラー演劇はアヴァンギャルドとポピュラリティという相反しがちな要素が両立しうる稀有なカルト演劇である。

...続きを読む

  • 閲覧 (5197)

揺れる心(M.Iida)[J]

カテゴリ : 
映画批評
  投稿日: 2006-1-24 9:36
飯田道子(立教大学)
『白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々』
Sophie Scholl - die letzten Tage

...続きを読む

  • 閲覧 (4042)

「一年の計」(R.Maeda)[J]

カテゴリ : 
理事のリレーエッセイ
  投稿日: 2006-1-9 11:03
前田良三(立教大学)
「日本におけるドイツ年」の期間も半分以上が過ぎた。これからどんなイベントに行きましょうと考えながら,公式サイト( http://www.doitsu-nen.jp/index_JA.html )を眺める。「半分以上が過ぎた」などと書いたけれど,展覧会やコンサートは2006年4月を過ぎてもまだまだ盛りだくさん。12月まで続く連続コンサートもあり,「ドイツ年」はこれからいよいよ佳境に入るところ。実は,これまで知人や学生に「ドイツ年」のお奨め情報を紹介するのに追われ,自分はそれほど出かけていないことに気がついた。これではいけない。一年の計は元旦にありというので,以下,展覧会関係を中心にぜひ行きたい催しのごく一部を挙げてみる。

...続きを読む

  • 閲覧 (3227)

ドイツからのお土産 (T.Kamio)[J]

カテゴリ : 
理事のリレーエッセイ
  投稿日: 2006-1-9 10:50
神尾達之(早稲田大学)
 Germanistikのサイトには文化の薫りがするお話こそ似つかわしい。小銭の響きは排除されねばならない。文化に産業が付いてはならん、というのがドイツの美学のメインストリームのはずだから。だが、Wagnerに大枚をはたいたあなたも、帰国の直前には小銭でお土産を買うはず。

...続きを読む

  • 閲覧 (5567)

シラー没後二百年祭(A.Aoki)[J]

カテゴリ : 
文学コラム
  投稿日: 2005-12-14 21:29
青木敦子(学習院大学)
 「『群盗』公演 ― 失敗?!」― 今回のヴァイマル・シラー祭のプログラムには、ちょっとしたハプニングがあった。予定されていたヴァイマル国立劇場の劇団主宰の『群盗』が、俳優の病気で急遽ベルリンの役者たちによる“Räuber-Short”と題されたパフォーマンスに変更されたのだが、公演が始まるや劇場は観客の怒りでいっぱいになってしまった。机を前にして座った四人の俳優が主要な役所の台詞を朗読、舞台向かって左側に腰掛けているのは合唱隊。そして、彼らのバックに置かれたスクリーンには、意味不明の映像が流され、それも次第に暴力的で残酷なシーンに変わってゆき、不快な電子音楽とともに際限なく繰り返されるので、途中で「止めろ!」と声を上げながら席を立つ聴衆もいたほどだ。公演後は、地元の新聞を筆頭に批判の声ばかり寄せられ、翌日の講演会に参加したドラマトゥルクは、「あれがなぜシラーの『群盗』なのか」、といった非難への対応に大忙しの様子だった。四人の俳優のうちの一人は、元赤軍派幹部の息子という話も裏で飛び交い、それがまた批判を助長したようである。翌日の『マリア・ストゥアート』は、シラーの作品をそのまま使ったものであったが、マリアとエリーザベトを除く役柄はすべて黒服を来た合唱隊だったので、誰が誰の役をやっているのかさっぱりわからない、というのが大方の感想であった。

...続きを読む

  • 閲覧 (4072)
磯崎 康太郎(明治学院大学)
アーダルベルト・シュティフターの生誕200年に当たる2005年は、上部オーストリア州、チェコ、バイエルン州にまたがり、「穏やかなセンセーション」と題されたシュティフター年公式企画の枠組みで、多彩な行事が催されている。シュティフターを「語る」、「見る」、「読む」、「聴く」というセクションに分かれ、討論会、展覧会、朗読会、演奏会の他、シュティフター所縁の地を散策する遠足等も計画されている。「シュティフター・ゴルフ週間」(8月21日~8月27日)という、シュティフター文学を朗読したうえで、シュティフターの生きた時代を料理やスライドで回顧しつつ、ゴルフまで楽しむというユニークな催しもある。

...続きを読む

  • 閲覧 (4764)
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009