Japanische Gesellschaft für Germanistik
カテゴリ一覧
 
オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが コラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

磯崎 康太郎(福井大学)
 ASLE-Japan/文学・環境学会という学会をご存じでしょうか。ASLE-Japan は the Association for the Study of Literature and Environment in Japan の略称で、「アズリージャパン」と読みます。会の設立から20余年、自然や環境の問題を文学の観点から考察すること、文学研究に自然や環境の問題を導入することに対して、積極的な役割を果たそうとする学会です(注1)。この学会の会員数は約200名、その過半数は英米文学の専門家ですが、ASLE-US(アメリカ)やASLE-UK(イギリス)といった海外の団体とも連携しており、毎年の全国大会の他に、国際大会も開かれています。近年は東アジアの結びつきも重要視されていて、ASLE-KoreaやASLE-Taiwanとの合同企画も開催されています。日本独文学会の会員でもある私から見れば、どうしてもドイツ文学系の学会と比較してしまうのですが、この学会には院生組織があることが興味深いです。ASLE-J院生組織は、現在のところ10名程度の構成員から成るようですが、役員リストにも「院生代表」なる役職があり、メーリングリストを使った読書会や、全国大会での研究発表等の積極的な活動が展開されています。その他、FacebookやTwitterといったSNSでの情報発信や、ニューズレターも年に二回発行されています。これらは、学会の活動報告や書誌情報、会員のエッセイ等の気軽に読める内容で構成されています。「学会」という「高い敷居」を下げる、あるいは「高い敷居」があるようには見せない工夫のなかで、大学院生や、場合によっては一般の方でも参加しやすい雰囲気が作られているように思われます。そもそも自然や環境というものは、われわれの生活そのものの形成要素でもあるので、文学・環境学会は、われわれの日常生活と文学を架橋してくれる学会と考えてもいいのかもしれません。年に一回の全国大会は、東京と地方都市との隔年開催ですが、毎回のようにフィールドトリップが企画され、地方開催の場合は、合宿形式での開催となることも多いようです。もっとも、この学会において英米文学の研究者が大半を占めることを、自分で勝手に「敷居」と思い込んでいた私は、先輩に誘われるままに入会した後、これまで実際に参加したことはなかったのですが、福井大会の開催は良い契機となりました。

...続きを読む

  • 閲覧 (1387)

「長い20世紀」とDaF (W. Baba) [J]

カテゴリ : 
外国語教育コラム
  投稿日: 2016-9-17 23:06
馬場わかな (早稲田大学非常勤講師)
 DaFという学問領域は、いつから存在するのだろう。

 私は現在、ドイツ語教員養成・研修講座を受講させていただいている。毎回のワークショップはもちろんのこと、ワークショップ後にMoodle上で行う振り返りとそこから派生する議論は、私にとって大変有意義な勉強の場となっている。冒頭の疑問は、このMoodle上の議論から生じたものである。

...続きを読む

  • 閲覧 (1604)
井口祐介(筑波大学大学院人文社会科学研究科文芸言語専攻〔一貫制博士課程〕在学)
 渋谷のシアター・イメージフォーラムで、5月7日に公開されたゼバスティアン・シッパー監督の『ヴィクトリア』(2015年、ドイツ)が好評のうちに上映を終えた。『ヴィクトリア』は2015年2月に開催された第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に選出され、芸術貢献賞を含む三つの賞を受賞、同年のドイツ映画賞でも作品賞、監督賞、主演女優賞(ライア・コスタ)、主演男優賞(フレデリク・ラウ)を含む6つのローラ像 1)を獲得、ヨーロッパ映画賞でも候補に挙がり、話題となった。米アカデミー賞の外国映画賞のドイツ代表作品の有力候補とも目されたが、作品中の台詞の半数以上が英語であったため、同賞の選考条件を満たせず、ドイツ代表作品とはならなかった。日本でも劇場公開に先駆けて、2015年10月に第28回東京国際映画祭で上映されたが、前売りチケットは発売初日に即日完売している。

...続きを読む

  • 閲覧 (1784)
大宮 勘一郎 (東京大学)
Schneller als Moskau selber lernt man Berlin von Moskau aus sehen. (Walter Benjamin: Moskau)

 こう猫も杓子もとなってはさて、と思い立ったはいいけれど、言葉のプラクティカルな訓練がいつ頃からか「運用」能力の向上とか呼ばれるようになり、何だかなあ、と及び腰だったのである。それから十数年、結局頓珍漢なことばかりしている。有り体にいうと、英米特にアメリカの現代小説を時々手にするようになったという、ただそれだけ。「マネジメント」の練習になどなりやしない。

...続きを読む

  • 閲覧 (1783)
寺本まり子 (武蔵野音楽大学)
 ドイツの音楽の研究というと、独文学会の方ならばバッハやベートーヴェン、あるいはヴァーグナーの音楽を思い浮かべられるかもしれない。音楽学では、半世紀以上にわたって活動を続けている、中世ルネサンス音楽研究会とバロック音楽研究会という2つの研究会がある。これらの研究会は世界的に見ても1970年代から80年代にかけて華々しい成果を上げたルネサンス音楽の演奏と研究、1960年代から着々と成果を上げつつあったバロック音楽の演奏と研究と密接に関連している。後者のバロック音楽研究会は、研究対象がドイツ・バロックであるばかりではなく、設立以来多くの研究者がドイツで音楽学を学び、そして研究を進めてきた。私自身はルネサンスから初期バロック、そして時代は飛ぶが、初期ロマン派の音楽を研究している。

...続きを読む

  • 閲覧 (1816)

Bericht über das 21. DaF-Seminar (E. Wölbling) [D]

カテゴリ : 
外国語教育コラム
  投稿日: 2016-6-25 22:27
Eva Wölbling (東海大学)
Vom 19. bis zum 22. März 2016 fand zum 21. Mal das DaF-Seminar der Japanischen Gesellschaft für Germanistik (JGG) in Hayama statt. Das Rahmenthema des Seminars lautete: „Förderung von Lernerautonomie innerhalb und außerhalb des Unterrichts“ und war damit eine thematische Fortsetzung des 20. DaF-Seminars 2015 zu Lernstrategien. Als Gastdozent war Dietmar Rösler, Professor für Deutsch als Zweit- und Fremdsprache an der Justus-Liebig-Universität Gießen eingeladen. Seine Forschungsschwerpunkte sind insbesonderedas Verhältnis von gesteuertem und natürlichem Zweit- und Fremdsprachenlernen, Grammatikvermittlung und Technologie,Lehrmaterialanalyse, Interkulturelle Kommunikation und Fremdsprachenlernen.

...続きを読む

  • 閲覧 (1678)
辻 朋季 (明治大学)
(執筆に先立ち、9月下旬の台風21号の被害に遭われた与那国町の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い島の復興を祈念いたします)

私の専門は、大きく言えば日本とドイツの文化交流史についての研究ですが、特にポストコロニアリズムの視座を取り入れて、日独の交流史をより多角的に捉え直そうと試みています。その中でも私は近年、二つの具体的な研究テーマに取り組んでいます。一つは、ドイツにおける日本学(Japanologie)の成立史を明らかにしつつ、初期の日本学者たちがいかなる態度で日本研究に臨んでいたのかを探ること、もう一つが沖縄県宮古島の「ドイツ皇帝博愛記念碑」をめぐる史実と言説の再検証を出発点に、沖縄とドイツの文化交流史にまつわる様々な事象を解明することです。このコラムでは、後者の「琉独交流史研究」の中から、日本最西端の島・与那国島とドイツとの意外な関係を紹介するとともに、今年8月に与那国町で行った文化講演会の様子についても述べたいと思います。

...続きを読む

  • 閲覧 (4460)
櫻井麻美(中央大学兼任講師)
 去る9月4日から7日にかけてコープ.イン.京都を会場に、第43回語学ゼミナールが開催された。「Dialektologie und Dialekte im historischen Wandel 方言学と方言、その歴史的変遷」を総合テーマに、Christian-Albrecht大学(キール)のELMENTALER Michael教授を招待講師に迎え、3泊4日の内容の濃い時を過ごした。今回は、先方の都合により、アジアからの招待講師をお迎えできなかったが、その分プログラムに余裕が生まれ、参加者同士の交流・情報交換がより可能になったのではないかと思う。

...続きを読む

  • 閲覧 (2194)
小笠原藤子(慶應義塾大学非常勤講師)
 2015年9月11日から12日にかけて、第16回韓国ドイツ語教育学会(以下KGDaF)国際シンポジウムが韓国ソウル駅に程近く、自然豊かな南山公園麓のGoethe-Institut Korea(以下GI) にて開催された。今回は、GIの特別な支援を受けての開催だった。というのも、KGDaF創立20周年を迎えたからである。さらに、ドイツ語教育に多大な貢献をされたGIの東アジア語学部長Eberhard Weller氏の定年に伴う送別会も同時に華々しく行われたため、大学ではなくGIが会場となったことも意味を持っていた。20周年を迎えたKGDaFとドイツ語教育発展に大きく貢献したGIとのコラボレーションは、日本からの数名の参加者にも感銘を与える光景であった。また、個人的には韓国独文学会とは独立してKGDaFが活動していることも新鮮だった。

...続きを読む

  • 閲覧 (2384)
太田 達也(南山大学 / 「ドイツ語教育・学習者の現状に関する調査委員会」委員長)
 2011年10月に金沢大学で開催された学会理事会の席上で、当時の室井禎之会長より、日本のドイツ語教育に関する大規模な実態調査を行いたいとの提案が示された。これを受け、学会では「ドイツ語教育・学習者の現状に関する調査委員会」が設立され、私がその委員長を務めることとなった。このときすでに私は2012年秋からドイツに長期滞在することが決まっていたため、調査デザインを検討する準備の部分までなら、ということで委員長の役目を引き受けた。

...続きを読む

  • 閲覧 (2460)
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009