カテゴリ一覧
 
オンライン状況
20 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが コラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

磯崎 康太郎(明治学院大学)
アーダルベルト・シュティフターの生誕200年に当たる2005年は、上部オーストリア州、チェコ、バイエルン州にまたがり、「穏やかなセンセーション」と題されたシュティフター年公式企画の枠組みで、多彩な行事が催されている。シュティフターを「語る」、「見る」、「読む」、「聴く」というセクションに分かれ、討論会、展覧会、朗読会、演奏会の他、シュティフター所縁の地を散策する遠足等も計画されている。「シュティフター・ゴルフ週間」(8月21日~8月27日)という、シュティフター文学を朗読したうえで、シュティフターの生きた時代を料理やスライドで回顧しつつ、ゴルフまで楽しむというユニークな催しもある。

...続きを読む

  • 閲覧 (5174)
小黒康正(九州大学)
 「教養」の牙城が動いた。2003年の盛夏、岩波書店が創業90周年事業の一環として「読者が選んだ〈私の好きな岩波文庫100〉」を新聞紙上で発表したのである。一般読者に岩波文庫創刊以来の全書目の中から愛読書3点を選んで投票してもらい、選ばれた2062点の中から上位100点を公表することで、古典離れが著しい若い世代に古典を味わう機会を与える、それが狙いだった。「教養」の巻き返しの中、ドイツ文学からは以下の4冊が躍り出る。

...続きを読む

  • 閲覧 (8336)
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009