Japanische Gesellschaft für Germanistik
カテゴリ一覧
 
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが コラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

「歴史に徹する文献学」の試み (J. Matsuura) [J]

カテゴリ : 
学術コラム
  投稿日: 2013-8-2 8:23
松浦 純(東京大学)
2度目の留学も終わりに近づいた1979年秋に初めて当時のDDRに旅した際、20代のルターが過ごした建物がかなり残るエルフルトの旧アウグスティヌス会修道院で、「総会の間」に佇み、回廊を歩み、聖堂内陣の壁に作りつけられた石造りの司祭席に座し、と、修道空間をいくらかでも感得しようとする中、図書のことに思いが向かったのが機縁だった。修道士たちは日頃どのような書籍を目にし手に取っていたのか、それは残っているのか。伝記類にしたがえば、ほとんど知られていない、ということだった。しかし、故濱川祥枝先生のご縁で畏友鍛治哲郎と連れ立って訪ねた、ワイマール勤務でエルフルト在住の司書・書誌学者ゴットフリート・ギュンター氏の計らいで、エルフルト図書館史に詳しい元市立図書館長のご教示を受けることができ、予定を変更して丸1日、市立図書館分館の閲覧室で、さる製本師・装幀研究家の遺稿をはじめとする史料に目を通すことになった。

...続きを読む

  • 閲覧 (2910)
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009