Japanische Gesellschaft für Germanistik
カテゴリ一覧
 
オンライン状況
56 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが コラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 56

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

ドイツ映画祭2007紹介(M.Iida)[J]

カテゴリ : 
映画批評
  投稿日: 2007-6-8 14:18
飯田道子(立教大学)
今年もドイツ映画祭の季節がやってきました。会期は、6月8日(金)~12(火)です。1997年に『ラン・ローラ・ラン Lola rennt 』でドイツ映画界に新風を巻き起こしたトム・ティクヴァ監督の最新作『パフューム Perfume』をはじめ、『善き人のためのソナタ Das Leben der Anderen』、『ドレスデン、運命の日 Dresden 』など、日本でのドイツ映画の一般公開も増えて、どの作品も好評を博しましたが、今回のドイツ映画祭では最新の映画ばかり12本がラインアップにあがっています。
来日する監督、俳優、プロデューサーの顔ぶれも豪華で、マティアス・ルートハルト(『ピンポン』)、クリスティアン・ヴァーグナー(『戦争の子ども』)、トミー・ヴィーガント(『TKKGと謎のマインド・マシーン』)、ハンナー・ヘルツシュプルング(『4分間のピアニスト』主演)、フロリアン・ケルナー・フォン・グストルフ(『イェラ』プロデューサー)、マイケ・コルディス(『4分間』プロデューサー)、エバーハード・ユンカースドルフ(プロデューサー)が予定されています。

60年以上の長きにわたって刑務所でピアノを教えるトラウデと、殺人犯の若い女性受刑者ジェニーの葛藤を描いたクリス・クラウス監督の異色作『4分間のピアニスト Vier Minuten 』(2006)は今回のプレミア上映作品で、今秋日本公開が予定されています。刑務所、女囚、音楽といえば、『バンディッツ』が思い浮かぶことでしょうが、『4分間』はそれとはかなり趣の異なる作品です。ピアノの才能にあふれたジェニーは、彼女をなんとかしてコンテストに出場させて優勝させようとするトラウデにことごとく反発します。二人の女性間のほとんどバトルともいえるやりとりが濃密で、いわゆる音楽映画の領域をはみ出していることは間違いありません。ラストの、コンテストでの演奏シーンもラディカルで印象に残ります。
マティアス・ルートハルトの『ピンポンPingpong』(2006)は、父親が自殺してしまった後、伯父を頼っていった16歳のパウルがひと夏を伯父一家と過ごす物語。招かれざる客パウルの出現によって一家のあやうい均衡は崩れ、隠れた亀裂が表面化していきます。それぞれの内面の動きを美しい自然描写の中で丁寧に描いていくルートハルトの手腕は、これが監督デビュー作とは思えない見事さで、数々の映画賞を受けています。
青少年向けの映画の充実ぶりも最近のドイツ映画の特徴のひとつといえるでしょう。日本でもなじみの深い作家エーリヒ・ケストナーの作品を現代にアレンジしたリメイクがここ何年か続いていますが、日本でも公開されて人気を呼んだ『飛ぶ教室 Das fliegende Klassenzimmer 』のトミー・ヴィーガントの新作『TKKGと謎のマインド・マシーン TKKG und die rätselhafte Mind-Maschine 』(2006)は、脳の動きを活性化するというマインド・マシーンを発明した天才少年と彼の周辺の少女失踪事件の捜査に乗り出す4人の少年たちの探偵物語です。
他に、今年日本で公開されたオスカー・レーラーの『素粒子 Elementarteilchen 』(2006) にも出演していた実力派女優マルティーナ・ゲデックは、シュテファン・クローマーの『サマー’04 Sommer '04』(2006)で、バカンスのバルト海を舞台に、息子の恋人のティーンエージャーと、避暑地で知り合ったアメリカ人男性との間で揺れ動くヒロインを演じています。ニーナ・ホスも今最も油の乗っている女優のひとりです。クリスティアン・ペツォルトの『イェラ Yella 』(2007)では、東の小さな村を出て西へ向かうことでそれまでの人生に決別しようとする女性イェラを演じて、通して過去と現在、現実と夢との境界を漂う人物の苦悩が描かれます。この作品で主役を演じたホスは、今年度ベルリン国際映画祭最優秀主演女優賞を受賞しました。デトレフ・ブックの『タフに生きる Knallhart 』(2006)は、ベルリンの貧しい地区で生きる15歳の少年が転落していくさまをリアルに描ききった注目作です。
これらバラエティに富んだ最新作12本のほかに、巨匠ルビッチの『花嫁人形 Die Puppe 』(1919)、 『白黒姉妹 Kohlhiesels Töchter 』(1920)、 『パッション Madame Dubary 』(1919) の3作が、今年もピアノ演奏つきで上映されます。いずれもドイツ時代のルビッチの代表作です。
詳しいプログラムは、公式ホームページ http://www.asahi.com/event/de07 で。

飯田道子(立教大学)
  • 閲覧 (4367)
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009