Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが archiv を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  2007年  >  <阪神支部>Sabine Scholl-Lesungのお知らせ

Sabine Scholl-Lesungのお知らせ

 阪神支部では第195回研究発表会を以下のように開催いたしますが、そのなかでSabine Scholl-Lesungも行いますのでご案内いたします。
日時: 7月8日(日)13時30分より
会場: 大阪経済大学 西校地E館4階 E-41教室
(大阪市東淀川区大隅2-2-8 TEL06-6328-2431)

1)発表: 村上八重子
ドイツにおける「移民作家」の存在-ラフィク・シャミを中心に

2)発表: Klaus Blex:
Erste Überlegungen zu einer Anpassung der Curricula von Fremdsprachenunterrichtsstudiengängen an zukünftige Erfordernisse. Was könnten und müssten japanische Universitäten heute schon tun?

3)Sabine Scholl-Lesung
Lesung: Sprachlos in Japan.
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:23 平均点:4.78
前
第50回文化ゼミ案内
カテゴリートップ
2007年
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009