Japanische Gesellschaft für Germanistik
 
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが archiv を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  1998年  >  第26回語学ゼミナール開催のお知らせ

                     1998年4月10日

第26回語学ゼミナール開催のお知らせ

 

 昨年8月に予定していた語学ゼミナールは、招待講師 Sascha Felix 教授の急病のために中止となってしまいました。その後、昨年度中に語学ゼミナールを開催するよう努力したのですが、時間が足りず、実現できませんでした。
 今年は以下の要領で語学ゼミナールを開催しますので、ふるってご参加下さい。

1 総合テーマ

Funktionale Pragmatik

2 招待講師

Prof. Dr. Konrad Ehlich (Muenchen)

3 期日

1998年8月28日(金)~31日(月)

4 会場

関西セミナーハウス(2~3人部屋)
〒606 京都市左京区一乗寺竹の内町 23

5 定員

40名

6 参加費

3万6千円(学生割引を検討中です)

7 参加申し込み

 

葉書の裏に「語学ゼミナール申し込み」と朱筆し、以下の点を明記の上、日本独文学会 (〒113 文京区本郷 5-30-21郁文堂気付)までお申し込み下さい。
1)氏名(漢字・ローマ字併記)
2)性別
3)所属と現職(常勤・非常勤・学生などの別)
4)住所(漢字とローマ字併記)
5)電話番号(あれば Fax 番号と e-mail アドレスも)
6)喫煙・非喫煙の別

8 申し込み締め切り

1998年6月1日

 ゼミナールでは、Ehlich 教授による以下の講演が予定されています。

1  Was ist Funktionale Pragmatik?
2a Das Zeigfeld und die deiktische Prozedur
2b Komplexe Verweisraeume
3  Sehen und Zeigen - unterschiedliche sprachliche Verfahren zweier deutscher Autoren: Goethe und Eichendorff

 またその他の参加者による発表も募集しています。発表は質疑応答を含め40分程度(ドイツ語)の予定です。発表希望の方は、参加申し込み葉書に発表希望とお書きの上、発表題目もお書き添え下さい。6月中には発表要旨の提出をお願いしたいと考えておりますので、ご準備下さい。
 8月31日午前中には日本語による総括討論を設定し、午後には招待講師を含めた質疑応答を行う予定です。解散は夕食前となります。
 なお参加者の最終的な決定は、ゼミナール実行委員会及び理事会にお任せ下さい。
 参加決定のお知らせは6月中に発送の予定です。

        

             日本独文学会語学ゼミナール実行委員会

                 重藤 実 小川暁夫 三瓶慎一

                 清水 朗 清野智昭 中川裕之

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:15 平均点:4.67
前
1998年度秋季研究発表会プログラム
カテゴリートップ
1998年
次
第41回ドイツ文化ゼミナール開催のお知らせ
Japanische Gesellschaft für Germanistik © 2005-2009