第31回語学ゼミナールのお知らせ


2003年3月20日


第31回語学ゼミナールを以下の要領で開催いたします。ふるって御参加ください。
1.総合テーマ „Grammatikalisierungen im Deutschen - typologisch gesehen“

2.招待講師 Professor Dr. Bernd Heine (Universität zu Köln)

3.期日 2003年8月26日(火)~8月29日(金) 3泊4日

4.会場 関西セミナーハウス(2~3人部屋)
〒606-8134 京都市左京区一乗寺竹の内町23

5.定員 40名

6.参加費 3万6千円
(学生,非常勤講師の方には若干の旅費補助があります。又,学生の方には参加費の補助も検討しています。)

7.参加申し込み
葉書の裏に「語学ゼミナール申し込み」と朱書し,以下の点を明記の上,日本独文学会(〒113-0033 文京区本郷5-30-21 郁文堂 気付)までお申し込みください。1)氏名(漢字・ローマ字),2)住所(漢字・ローマ字), 3)電話番号(あればFax番号, e-mailアドレス), 4)所属と現職(常勤・非常勤・院生・学生の別),5)性別,6)喫煙・非喫煙の別

8.締切り 2003年6月11日

ゼミナールでは,Heine教授により,以下のテーマの講演が予定されています。
a) „Grammatikalisierung im Deutschen -ein theoretischer Rahmen“
b) „Zur Genese von Konzessivkonjunktionen“
c) „Das Dativpassiv“

参加者の最終的な決定は,ゼミナール実行委員会及び学会理事会に御一任ください。参加決定のお知らせは7月上旬に発送の予定です。
研究発表(ドイツ語)を希望される方は,申込み葉書に「研究発表希望」と記し,発表題目もお書き添え下さい。発表者の決定は委員会に御一任願います。参加者決定の後に発表要旨の提出をお願いしたいと考えております。

◎ 例外を除いて,この研究発表が学会誌語学ゼミナール特集への投稿の条件となります。

日本独文学会・語学ゼミナール実行委員会
稲葉治朗・大薗正彦・黒田 廉・黒谷茂宏・島 憲男・
竹内義晴・田中 愼・中村俊子・宮下博幸・森 芳樹(実行委員長)

※問合せ先:森 芳樹()