第29回語学ゼミナールのお知らせ


2001年4月4日


今年の語学ゼミナールを次の要領で開催します。ふるってご参加ください。
1 総合テーマ Historische Morphologie und Syntax des Deutschen
2 招待講師 Prof. Dr. Elisabeth Leiss (Otto-Friedrich-Universität Bamberg)
3 期日 2001年8月27日(月)~8月30日(木),3泊4日
4 会場 関西セミナーハウス(2~3人部屋)
〒606-8134 京都市左京区一乗寺竹の内町23
5 定員 40名
6 参加費 3万3千円(学生割引があります)
7 参加申し込み
葉書の裏に「語学ゼミナール申し込み」と朱書し,以下の点を明記の上,日本独文学会  (〒113-0033 文京区本郷5-30-21 郁文堂気付)までお申し込みください。1) 氏名(漢字・ローマ字併記),2) 性別,3) 所属と現職(常勤・非常勤・学生の別),4) 住所(漢字・ローマ字併記),5) 電話番号(あればFax番号, e-mailアドレス),6) 喫煙・非喫煙の別
8 申し込み締め切り  2001年5月31日(木)

ゼミナールでは,Leiss教授により以下の講演が予定されています。
a) Die Rolle der Kategorie des Aspekts im Sprachwandel des Deutschen: ein Überblick.
b) Der Verlust der aspektuellen Verbpaare und seine Folgen im Bereich der Verbalkategorien des Deutschen.
c) Der Verlust der aspektuellen Verbpaare und seine Folgen im Bereich der nominalen Kategorien des Deutschen.


◎20~30分程度の研究発表(ドイツ語)を希望される方は,申込み葉書に「研究発表希望」と明記し,発表題目もお書き添え下さい。なお,今年よりDAADからの補助金に基づいて語学ゼミのDokumentationがドイツの出版社から出版されることになりましたのでふるってご応募ください。6月下旬には発表要旨の提出をお願いしたいと考えておりますのでご準備願います。

 最終日8月30日の午前中には,例年通り日本語による総括討論を設定し,午後には招待講師を含めた質疑応答を行う予定です。解散は夕食前となります。

 なお参加者の最終的な決定は,ゼミナール実行委員会及び学会理事会にご一任ください。

 参加決定のお知らせは6月下旬に発送の予定です。

日本独文学会語学ゼミナール実行委員会
  小川暁夫  田中一嘉  田中 愼 
  藤縄康弘  森 芳樹  吉田光演(実行委員長)