2013年春季研究発表会発表要旨はこちら