日本独文学会東海支部 冬季研究発表会のご案内   参照数:5443
日本独文学会東海支部 冬季研究発表会のご案内 Ankündigung der Wintertagung der Zweigstelle Tokai der Japanischen Gesellschaft für Germanistik
日本独文学会東海支部冬季研究発表会を下記の要領で開催いたしますので、この機会にぜひご来聴くださるようお願い申し上げます。
日 時: 2005年12月3日(土)  13時30分より
場 所: 愛知大学車道校舎 本館 K801教室
(〒461-8641 名古屋市東区筒井 2-10-31)
車では入校できませんので、公共交通機関をご利用いただくようお願いいたします。
研究発表会
1.講演
 内藤克彦:シラーにおける「自然」
(„Natur“ bei Schiller)
2.太田伸広:グリム童話と『日本の昔ばなし』の比較-お礼結婚について
(Ein Vergleich der Märchen der Brüder Grimm mit den japanischen Märchen über die Heirat zur Dankbarkeit für große Hilfe)
3.シンポジウム(司会:土屋勝彦)
 山尾 涼 / 須藤 勲:カフカの『掟の前』をめぐって
(Über Kafkas „Vor dem Gesetz“)
懇親会
研究発表会終了後、1階のカフェラウンジにおきまして懇親会を行います。
懇親会会費:4,000円   学生:2,000円
   (当日申し受けます)
日本独文学会東海支部長  小坂光一 日本独文学会東海支部 庶務担当 人見明宏 a-hitomi_AT_for.aichi-pu.ac.jp