日本独文学会
データベース委員会
Das Database-Komitee der JGG

データベース委員会提供のデータベース・ 資料
Data-Bases & Dokumenten, die das Komitee anbietet

『日本独文学会文献情報データベース』(以下、「学会データベース」)は、学会員によって発表・公刊された論文、著書、編著、翻訳、辞書、教科書等の文献情報を収集しているデータベースです。ドイツ文学、ドイツ語学、ドイツ語教授法をはじめ、文化研究、比較研究等、学会員による出版活動のすべての領域をカバーしています。

日本独文学会会員は、このデータベースに自分の業績を登録することができます。登録された文献データは国立情報学研究所(NII)の学術コンテンツ・ポータル(GeNii)内の学術研究データベース・リポジトリ(NII-DBR)に公開されます。


日本独文学会機関誌『ドイツ文学』のバックナンバーを、日本科学技術振興機構(JST)のJournal@rchive および国立情報学研究所(NII)の CiNii論文情報ナビゲータにおいて、PDF形式で公開しています。現在、所収論文(書評・レジュメ等を含む)が公開されている号は、JSTでは 1号(1947年)から 96号(1996年)まで 、CiNii では 97号(1996年)以降のバックナンバーです。なお、刊行後2年間は非公開といたします。

@ JST の Journal@rchive には 1号(1947)から 96号(1996) までの収録記事全文(レジュメ等を含む)がPDFファイルで公開され、すべて無料で閲覧・ダウンロードすることができます。JST-「ドイツ文学」をクリックして参照してください。

A NII 学術コンテンツ内のCiNii-PDFとして収録されている巻号および収録論文を確認するには、右の CiNii をクリックして CiNii の検索画面に入り、[本文収録刊行物ディレクトリ][学協会刊行物][刊行物名から探す][ドイツ文学]を選びます(下記の3種のCiNiiバックナンバーから入れます)。


データベース委員会は、会員自作の専門・個別データベースを公開したいとのご要望には、積極的に対応しています。自作データベースの公開は、データベースのあるホームページのリンク表示を基本としますが、データベース本体の移管をご希望の場合は、ご相談ください。


データベース委員会提供のデータベース・ 資料を利用する際には、利用規定を遵守してください。

日本独文学会データベース委員会
2009年8月20日
一部更新 2009年10月4日
一部更新 2010年5月4日
一部修正 2010年10月29日
一部修正 2010年11月28日
一部修正 2011年2月1日
文献情報データベースについてのお問い合わせ・ご意見・ご提案は ddb.komitee_AT_jgg.jp
(_AT_をアットマークにおきかえてください)